巻十七第十二話 地蔵の夢を見た話

巻十七

巻17第12話 改綵色地蔵人得夢告語 第十二

今は昔、阿弥陀仏を造るついでに、古い地蔵菩薩像を改めて彩色して、正法寺という寺に安置しました。この地蔵は、もともと三井寺の塔の中にあったもので、手と蓮花座(ハスの花の形をした台座)がありませんでした。

三井寺(園城寺)三重塔(重要文化財、滋賀県大津市)

実睿供奉(じつえいぐぶ、供奉は高位の僧)という方が、この地蔵を見つけ、修補しました。そのとき、十四、五歳ほどの美麗な小僧が夢にあらわれ、膝の上に座り、頸を抱いて語りました。
「おまえは私を知っているか。私は三井寺の前の上座(僧の要職)の妻の尼が造った地蔵である」
見ると、小僧の背後に人があるようです。
「後ろにいる人は誰ですか」
小僧は答えました。
「これは、昔、私を造った仏師である。私の影に住ませて利益しているのだ」
また、丑寅(北東。鬼門)の方を見ると、二十何人もの地蔵がおりました。みな、南に向かって座っていました(仏像は基本的に南面する)。そこで夢が覚め、実睿は涙を流して貴びました。

心を尽くして仏を造らせた人に利益があるのは当然ですが、信ずる心もなく、代価があるから仕事した仏師にさえ利益があるとは貴いことだと語り伝えられています。

【原文】

巻17第12話 改綵色地蔵人得夢告語 第十二
今昔物語集 巻17第12話 改綵色地蔵人得夢告語 第十二 今昔、人有て、阿弥陀仏を造り奉ける次(ついで)に、古き地蔵菩薩を改め綵色して、正法寺と云ふ寺に安置し奉てけり。地蔵、本は三井寺の塔の内に在ける也。御手并に蓮花座無し。

【翻訳】
草野真一

【解説】
草野真一

この話の主人公となっている実睿は、この話の元ネタ『地蔵菩薩霊験記』の選者である。自分の体験も収録したのだ。本当にこういう夢を見たのだろう。

地蔵が夢で「膝の上に座り、頸を抱いた」と記されているが、『新日本古典文学大系 36 今昔物語集 4』(岩波書店)は、これを「あやしげなしぐさ」とし、像が手と台座を欠いていることとの関連を指摘している。

おそらく、これはセクシャリティだろう。

鎌倉時代はじめの僧・明恵は、心理学者の河合隼雄先生をして「世界でもっとも長期にわたる夢記録」と言わしめた『夢記』を著した傑物である。

紙本著色明恵上人像(京都市高山寺蔵、国宝) 明恵が山中の樹上で坐禅を組むすがたを、弟子の恵日房成忍が筆写したものといわれる

この人、仏とエッチする夢ばっか見てんだよ。

マジメな僧侶であればあるほど不淫戒を守ることにつとめたはずだから、当然だ。
おそらくは実睿も同様と思われる。

巻四第六話 美女に化けて弟子を誘惑する話
巻4第6話 天竺優婆崛多試弟子語 第六 今は昔、天竺に、仏が涅槃に入ってから百年ほどたって、優婆崛多(うばくった、ウパグプタ)という悟りに至った羅漢(聖者)がありました。 その弟子に一人の比丘(僧)がありました。優婆崛多がどう考えていた...
巻二十第五話 木から落ちた女天狗の話
巻20第5話 仁和寺成典僧正値尼天狗語 第五今は昔、仁和寺に成典僧正という人がありました。俗姓は藤原氏であり、広沢の寛朝大僧正を師として真言の密法を受け、行法を怠ることがなかったので、僧正まで出世しました。仁和寺の辰巳(東南)の方角に、...
巻一第十八話② 天国と地獄で美人を見た話
(①より続く) 難陀は「妻のところに帰りたい」という気持ちを捨てきれませんでした。 仏が外出しているすきに出ていこうと考え、扉に近づくと、扉はたちまち閉まり、また別の扉が開きました。開いている扉から出ようとすると、今度はその扉が閉まり、...

巻十七
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほんやくネットをフォローする
スポンサーリンク
今昔物語集 現代語訳

コメント