巻十七第十四話 地蔵に臨終の地を聞いた話

巻十七

今は昔、鎮西肥前(九州佐賀県)の国の背振(せぶり)の山は、書写山の性空聖人が修行されていたところです。深い山で、これ以上に貴いところはありません。仏道を修行する行人は、みなこの山を訪れました。

西から脊振山山頂を望む

そう遠くない昔のこと、ひとりの持経者がこの山に住みました。日夜、法華経を読誦し、寝てもさめても地蔵尊を念じていました。これを生涯のつとめだと考えていました。

やがて、六十歳になりました。いよいよ後世を考えるようになり、現世のことを思いませんでした。ある日、本尊に祈りました。
「私の命が終わる場所を教えてください」
すると、夢の中にひとりの美しい小僧が現れて言いました。
「臨終の地を知りたいならば、すぐに都に向かい、愛宕護(あたご)の山の白雲(しらくも)の峯を訪れよ。命が終わるのは、二十四日(地蔵の縁日)である」
そこで目がさめました。

愛宕神社。かつては白雲寺といわれた(京都市右京区)

僧は涙を流し、夢にお告げがあったことを知りました。弟子たちは師が泣くさまを見て、どうしてなのか問いましたが、師は答えませんでした。ただ紙に夢のお告げを記して、ひそかに経箱に納めておきました。

僧はその晩、ひとりで山を下り、都へ向かいました。数日たった二十四日、愛宕護の山の白雲の峯に行き着き、樹の下で一夜を過ごしました。

あくる日、愛宕護の山の僧が集まってきて問いました。
「あなたはどこから来たのですか」
「私は鎮西から来ました」
ほかにはしゃべりませんでした。愛宕護の僧たちはこれを哀憐して、朝夕に飲食を供しました。

やがて、翌月の二十四日になりました。朝はやく、僧たちが行ってみると、かの鎮西の僧が、西に向かって端座合掌し、入滅(臨終)していました。

これを見つけた僧は山にいるほかの僧に告げました。僧たちが集まってみると、入滅の様子はとても貴いものでした。経袋に一枚の書がありました。僧たちがこの書を見ると、夢のことが記してありました。僧たちは、これを見て、いよいよ貴びあわれみ、泣く泣く没後の供養をし、報恩を送りました、まるで師僧が亡くなったときのようでした。

これはまさに地蔵菩薩の大悲の利益です。「不思議なこともあるものだ」と語り継がれています。

【原文】

巻17第14話 依地蔵示従鎮西移愛宕護僧語 第十四
今昔物語集 巻17第14話 依地蔵示従鎮西移愛宕護僧語 第十四 今昔、鎮西肥前の国の背振の山と云ふ所は、書写の性空聖人の行ひ給る所也。山深くして、貴き事此れに過たる所は世に無し。此れに依て、仏道を修行する止事無き行人、来り住む事絶えず。

【翻訳】
草野真一

巻十七第十話 夢のお告げで伝染病を忌避した話
巻17第10話 僧仁康祈念地蔵遁疫癘難語 第十 今は昔、京に祇陀林寺という寺がありました。その寺に仁康という僧が住んでいました。横川の慈恵大僧正(良源)の弟子です。因果を信じて、三宝を敬い、戒行をたもち、仏のように人々をあわれみました。 ...
巻十七第十二話 地蔵の夢を見た話
巻17第12話 改綵色地蔵人得夢告語 第十二 今は昔、阿弥陀仏を造るついでに、古い地蔵菩薩像を改めて彩色して、正法寺という寺に安置しました。この地蔵は、もともと三井寺の塔の中にあったもので、手と蓮花座(ハスの花の形をした台座)がありません...
巻十九第五話 すべてを失った姫君の話(芥川龍之介『六の宮の姫君』元話)
巻19第5話 六宮姫君夫出家語 第五 今は昔、六の宮というところに兵部の大輔(ひょうぶのたゆう、軍の下級役人)がありました。年老いていたので、古い習慣にならって人と交わることがなく、父が遺した宮の、すっかり木が成長して荒れ果ててしまった東...
巻十七
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほんやくネットをフォローする
スポンサーリンク
今昔物語集 現代語訳

コメント