巻四第三十三話 牛をほめて賭けに勝った話

巻四

巻4第33話 天竺長者婆羅門牛突語 第卅三

今は昔、天竺に長者とバラモンがありました。千両をかけて牛を闘わせていました。日を決めて、それぞれが一頭ずつ牛を出し、闘う様子を眺めるのです。これを見に来る人も多勢いました。

長者が言いました。
「私の牛は弱い牛だ。角・面・頸・尻それぞれに、皆力無(ちからな)の相がある」
牛は、長者の言葉を聞いて意気消沈し、「自分はきっと負けるだろう」と思いました。
じっさいに闘わせてみると、長者の牛は負けました。長者は、千両の金をバラモンに支払うことになったのです。

長者は家に帰ると、牛に向かって恨み言をいいました。
「おまえが今日負けたから、私は千両の金を取られたのだ。頼りがいのないやつだ。情けない」
牛はこれに答えて言いました。
「私が今日負けたのは、あなたが私を『弱い』と言ったからです。私はあなたの言葉を聞いて魂が失せ、力を出すことができませんでした。負けたのはそのせいです。もし、金を取り返したいと思うならば、私をほめてもう一度闘わせてみてください」

長者は、牛の言葉を聞き、再度闘わせてもらえるよう頼みました。バラモンは以前勝っていますから、「今度は三千両を賭けてやろう」と言いました。長者もこれを請けました。

その後、牛を出し合いました。長者は、牛の言葉にしたがい、牛をこれ以上ないほどほめました。闘った結果、バラモンの牛が敗れ、バラモンは三千両の金を払いました。すべてのことは、ほめることによって花開き、功徳を得ることになります。そう語られているそうです。

【原文】
巻4第33話 天竺長者婆羅門牛突語 第卅三 [やたがらすナビ]

【翻訳】
草野真一

【校正】
草野真一

【協力】
草野真一

【解説】
草野真一

ほめて伸ばす。千年以上前から言われてるんですよ。難しいってことですね。

コメント