巻二十二第八話 時平の大臣、伯父の妻を盗む(谷崎純一郎『少将滋幹の母』の素材)

巻二十二

巻22第8話 時平大臣取国経大納言妻語

今は昔、本院の左大臣と申し上げる方がおいでになりました。御名を時平(ときひら)と申し上げます。昭宣公(しょうせんこう・藤原基経)と申し上げる関白の御子であります。この方は、本院という所に住んでおられました。年はわずかに三十歳ぐらいで、姿かたちが美しく、非の打ちどころがありませんでした。そこで、延喜天皇(醍醐天皇)は、この大臣をたいへん重んじておいでになりました。

『北野天神縁起絵巻』承久本(1219)巻五より藤原時平

さて、天皇のご治世中、ある日この大臣が参内されたおり、禁制を無視して格別に美しく飾った装束を身に着けておいでになりましたが、天皇はそれを櫛形の小蔀(こじとみ・格子のある小窓)からご覧になり、ひどくご機嫌を損じられ、直ちに蔵人(くろうど・天皇の秘書官)をお呼びになって、「最近、世間には厳重に奢侈(しゃし)の禁制を通達してあるにもかかわらず、左大臣が、たとえ首席の大臣といいながら、格別美々しく着飾って参内するとは、不届き至極。早々に退出するようしかと仰せつけよ」とおっしゃられたので、勅命を承った蔵人は、どうなることかと恐ろしく思いましたが、震えながら、「これこれの仰せがございました」と大臣に申し上げると、大臣は大いに驚き、また恐縮して、急ぎ退出されました。
随身(ずいじん・警護の武官)や雑色(ぞうしき・召使)どもが前駆におつきしましたが、先払いの声も出させなさらずに出て行かれました。
先導する者たちは理由がわからず、不思議に思っていました。
その後、ひと月ほど本院の御門を閉じ、簾(すだれ)の外にもお出にならず、人が伺っても、「天皇のお咎めが重いので」と言って、お会いになりませんでした。
だいぶ後になり、召されて参内するようになりました。
このことは、じつは、あらかじめ天皇と十分に[しめし]合わせ、他の者をよく戒めようとするために計画してなさったことでありました。

醍醐天皇像(醍醐寺三宝院蔵)

この大臣は、好色であられたことが、少し欠点のようにお見受けいたします。
当時、この大臣の御伯父に、国経(くにつね)の大納言という人がいました。
この大納言の北の方は在原棟梁(ありわらのむねやな・在原業平の子で歌人)という人の娘でした。
大納言は八十歳にもなっており、北の方はやっと二十を超えるくらい、美人で色めいた人でありましたから、こんな老人の妻になっていることをひどく不満に思っていました。
大納言の甥の時平大臣は好色な方なので、伯父の大納言の北の方が美人だという噂をお聞きになり、かねがね会ってみたいと思っておられましたが、機会がなく、そのままになっておられたところ、当時名うての[好色]家に兵衛佐(ひょうえのすけ・兵衛府の次官)平定文(たいらのさだふみ)という人がおりました。
親王の孫で、卑しからぬ人です。通称を平中(へいじゅう)といっていました。当代に知られた好色家というので、人の妻であれ、娘であれ、宮仕えの女であれ、関係を持たない女は少ないというくらいでありました。

その平中がこの大臣のお屋敷に常に出入りしていたので、大臣は「もしかしたら、この伯父の大納言の妻をこの男は見ているかも知れない」とお思いになり、冬の月の明るい晩、ちょうどやってきた平中と夜の更けるまで、よもやま話をなさって、さまざまな面白い話になったついでに、大臣が、「私がお訊きすることがまじめだと思われたなら、決して隠さずおっしゃってくださいよ。どうです、最近のすばらしい美人に、誰がいますか」と、お尋ねになりました。
すると平中は、「御前で申すのはいささか具合の悪いことですが、いま『私がまじめに言っていると思うなら、隠さずに言え』と仰せられましたので、その通り申し上げます。藤大納言(国経)の北の方こそ、じつに世にもまれなすばらしい美人でいらっしゃいます」と、お答えしました。
大臣が、「それは、どのようにして見られたのか」と訊くと、平中は、「そのお屋敷に仕えていた女と知り合っておりましたが、その女が申しておりました。北の方は『年寄に連れ添っているのが本当に情けないと、思っておいでになる』と聞いたものですから、なんとか理由をつけて、人を介して、お会いしたいと申し伝えましたところ、北の方も『憎からず』お思いとのことに承りましたので、思いがけず、こっそりお会いしたという訳でございます。すっかり許し合ったということはございません」と、言う。
大臣は、「それはまた、えらくふとどきな仕業をなさったな」と、言ってお笑いになりました。

さて、心の内で、「ぜひ、この人をものにしたい」との想いが深くなり、それ以後は、この大納言は伯父でいらっしゃるので、事に触れて丁重に取り扱われたものだから、大納言は、ありがたくもかたじけないことと思われました。
大臣は、自分が妻を盗もうとするのを相手は一向に気づかずいるのを見るにつけ、心のうちでおかしくお思いになりました。

そのうちに、正月になりました。
以前にはこういうこともなかったのに、大臣から、「正月三が日の間に、一日お伺いしましょう」と、大納言のところに言い遣られました。
これを聞いた大納言は、家をきれいに手入れし、接待の準備怠りなく整えて待っていると、正月三日になって、大臣はしかるべき上達部(かんだちめ)・殿上人(てんじょうびと・共に上級貴族)を数人引き連れて大納言の家においでになりました。
大納言は、あわてふためいてやたらと喜びます。
饗応の用意にこまごまと手を尽くしたさまは、じつにもっともなことだと見受けられました。

申の時(さるのとき・午後四時)を過ぎるころ、ご来訪され、お杯を重ねられているうちに日も暮れました。
歌を詠ったりして管弦の興を尽くされましたが、おもしろくすばらしい。
なかでも左大臣はご容姿をはじめ、歌を詠われるご様子が、たとえようもなくすばらしいので、すべての人が目を止めて褒めたたえ申し上げましたが、この大納言の北の方は、大臣のいらっしゃるお席の脇の簾(すだれ)越しに、間近にそのお姿を見ており、大臣のお顔・お声・たきしめた香のかおりをはじめ、すべてたとえようもなくすばらしいのを見ると、我が身の不運が思われ、情けなく、「いったい、どんな幸福な人がこういうすばらしい人に連れ添っているのだろう。それに引き替え、この私は老いぼれ干からびた人に連れ添って、何かと辛気くさいこと」と、思うにつけ、いっそう目を止めて大臣を見奉っていましたが、どうしようもなく情けなく思われてなりませんでした。
大臣は、お詠いになりながらも、たえず簾のほうを流し目に見やっておられましたが、そのまなざしなど、いいようもなくまばゆく感じられ、簾越しにいてさえも恥ずかしく思われるほどでありました。
大臣が微笑んでこちらを、ちらちらご覧になるにつけても、「どのように思っていらっしゃるか」と、恥ずかしい。

そのうち、夜もしだいにふけ、皆すっかり酔ってしまいました。
だれもかれも帯を解き、片肌脱いで、さかんに舞いたわむれます。
こうして、もうお帰りになろうというとき、大納言が大臣に申し上げます。「ひどくお酔いになられましたご様子。お車をここにお寄せになってお召しください」と。
大臣は、「いや、それでは、たいへん失礼です。とても左様なことはいたしかねます。ひどく酔ったということならば、このお屋敷にしばらく留めていただき、酔いをさましてから、帰ることにいたしましょう」と、おっしゃるが、他の上達部たちも、「本当に、そうなさるがよろしい」と言って、お車を橋隠しの前にどんどん寄せてしまいました。
大納言は引き出物として、りっぱな馬二頭を引き出してくると共に、おみやげとして箏(しょう・唐より伝来した琴)など取り出しました。

すると大臣が大納言に、「じつはかような酔いのついでに申すには失礼ながら、私が私的に敬意を表しに参ったことを、本当にうれしいとお思いなら、特に心を込めた引き出物を頂戴したいのだが」と、おっしゃいます。
大納言は、すっかり酩酊した心の中で、自分は伯父だが大納言の身に過ぎないのに、その家へ首席の大臣がおいでになったのは、この上ない光栄だ、と大喜びしていましたが、このようにおっしゃったので、引っ込みがつかなくなり、大臣が流し目で簾の中をしきりに見やっておられるのも「わずらわしい」と思い、「こういう美人を妻に持っている」と、思いつき、酔っぱらった勢いから、「私は、この連れ添っている人を最高の宝と思っておりますぞ。どのように偉い大臣でおいでなさろうと、これほどのものは絶対お持ちにはなりますまい。このじじいの所には、こんなすばらしい者がいるのですぞ。これを引き出物に差し上げます」と言って、屏風を押したたみ、簾から手をさし入れ、北の方の袖を取って引き寄せ、「ここにおります」と言いました。
すると大臣は、「じつに伺った甲斐があって、今こそ本当にうれしい思いがいたしました」と、おっしゃって、北の方の袖を取って引き寄せ、そこにお座りになったので、大納言は立って出て行きます。
「ほかの上達部・殿上人の方々は、もうお帰りください。大臣はちょっとやそっとでは、お帰りにはなりますまい」と言って、手を振って人々を追い払うようにするので、皆はめいめい目顔でうなずき合い、ある者は帰って行き、ある者は何かの陰に身を隠して、事の成り行きを見ようと、あとに残っていました。

大臣は、「ああ、えらく酔った。もう車を寄せてくれ。どうにもならぬ」と、おっしゃり、車は庭に引き入れてあったので、多くの人が寄って行って近くに引き寄せました。
大納言が近づいて、車の簾を持ち上げます。
大臣は、この北の方を抱いて車に乗せ、続いて自分もお乗りになりました。
そのとき、大納言は困り果てて、「やいやい、ばあさんや。わしを忘れるでないぞ」と言いました。
大臣はそのまま車を出させて、お帰りになりました。

大納言は奥の間に入り、装束を脱いで倒れ込みました。
ひどく酩酊し、目まいがして気分が悪く、前後不覚に寝てしまいました。
明け方、酔いがさめ、昨夜のことが夢のように思われましたが、「あれはみな夢だったのだろう」と思い、そばにいる侍女に、「北の方は」と問えば、侍女たちが昨夜の一部始終を語るのを聞くにつけ、あきれる思いでありました。
「うれしかったとはいえ、気が狂ってしまったのだ。酩酊したとはいいながら、こんなことをする奴があるものか」と、思うにつけ、馬鹿らしくもまた堪えがたい。
といって、今さら取り返すこともできず、「これもみな、あの女についてまわった幸せのしたことだ」と思ってはみても、女がこの自分を老いぼれだと思う様子を見せていたのも、しゃくで、悔しく悲しく、また恋しくも思われたが、人目には自分の意志でしたことのように思わせ、心の内ではいいようもなく恋しい想いに打ちのめされていました。(以下原文欠脱)

【原文】

巻22第8話 時平大臣取国経大納言妻語 第八
今昔物語集 巻22第8話 時平大臣取国経大納言妻語 第八 今昔、本院の左大臣と申す人御けり。御名をば時平とぞ申ける。昭宣公と申ける関白の御子也。本院と云ふ所になむ住給ける。年は僅に卅許にして、形ち美麗に、有様微妙き事限無し。然れば、延喜の天皇

【翻訳】
柳瀬照美
【校正】
柳瀬照美・草野真一
【協力】
草野真一
【解説】
柳瀬照美

これは第六話につながる、藤原基経の長子・時平に関する逸話二話。
一つは左大臣時平が醍醐天皇と共謀し、自ら勘勅を受けて世間の奢侈を戒めた話。もう一つは、時平が平中から伯父・国経の北の方の美貌と欲求不満を伝え聞き、年始の祝いに出向いて奸計によって国経から北の方を譲り受けた話。

本話は末尾を欠いている。それは、破損おそらく欠紙による欠文だと推測されている。

平安時代は通い婚によって男性は多くの妻を持ったが、同居して夫の世話をする妻が世間から認められた正妻である。寝殿造の屋敷の北側の建物・北の対(たい)に住んだので、正妻のことを「北の方(きたのかた)」と呼ぶ。
国経の妻は、歌人の在原棟梁の娘で、『伊勢物語』の主人公のモデルとなった在原業平の孫。国経の妻として滋幹を産み、時平に嫁して、敦忠を産んだ。
谷崎潤一郎はこれを素材に『伊勢物語』『源氏物語』『大鏡』『十訓抄』など多くの古典を引用し、小説『少将滋幹の母』を書いた。

谷崎潤一郎 少将滋幹の母
巻三十第一話 美女のウンコを食う話(芥川龍之介『好色』元話)
巻30第1話 平定文仮借本院侍従語 第一 今は昔、兵衛佐(ひょうえのすけ、天皇を守護する役職)平定文という人がありました。字(あざな)を平中といいます。品もよく家柄もよく、姿かたちも美しい人でした。人あたりもよく話もおもしろく、世のあらゆ...

〈『今昔物語集』関連説話〉
藤原時平:巻24「敦忠の中納言、南殿の桜を和歌に読みし語 第三十二」巻30「平定文、本院の侍従に懸想せし語 第一」

[参考文献]
小学館 日本古典文学全集23『今昔物語集三』
筑摩書房 現代日本文学大系30『谷崎潤一郎集(一)』

(巻第二十二 了)

コメント