巻二十七第三十三話 闇夜に光るものが見えた話

巻二十七

巻27第33話 西京人見応天門上光物語 第卅三

今は昔、西の京(荒廃した地域)に住む家族がありました。父をなくし、年老いた母だけがありました。兄は侍として人につかえていました。弟は比叡山の僧でした。

母親が長く重病をわずらっていたため、二人の子は母につきそい、西の京の家で看病していました。母が小康状態になったとき、弟の僧は、「三条京極(地名)に師がいます」と言って出かけました。

その後、母の病は重くなり、そのまま亡くなってしまいそうでした。兄は母のそばにおりましたが、弟がおりません。母が言いました。
「私はもう死ぬでしょう。僧になった子に会って死にたいと思います」
兄は答えました。
「既に夜になって、従者もおりません。三条京極のあたりはとても遠く、行くことはできません。明朝、きっと弟を呼びにやりますから」
母は力なく、せつなく泣きながら言いました。
「私は朝まで生きていることはできないでしょう。あれに会わずに死ぬのは、とても口惜しいことです」
「それほど思われるなら、たやすいことです。夜中ですが、命を顧みず、私が呼びにいけばいいのです」
兄は箭(矢)を三本ほど持って、単身、内野通りに出ました。夜はふけて、冬のことなので、風も強く、かぎりなくおそろしいのです。真っ暗で何も見えませんでした。応天門と会昌門(建物はなく、門だけが残っていた)の間を通るのは、とても怖くおそろしく、祈りながら通りました。

平安神宮の応天門(平安京の応天門の縮小レプリカ)

僧房に行き着いて、弟の僧を尋ねると、今朝、比叡山に登ったといいます。来たときと同じように、応天門と会昌門との間を通って戻りました。前よりずっと怖かったので、走って通り過ぎようとして、応天門の上の層を見上げると、青く光る物がありました。暗くて何も見えませんでしたが、ネズミが鳴くような声と、かん高い笑い声が聞こえました。

毛が逆立って、死ぬような気がしましたが、「狐にちがいない」と念じて、西に向かっていくと、豊楽院の北の野に、丸いものが光っています。鳴る箭(魔障を払うとされた)で射ると、消えてしまいました。

皇城大内裏地図。左が豊楽院。 寛延3年(1750)。森幸安書写。

西の京の家にたどりついたのは、夜半すぎでした。怖い思いをしたためでしょうか、数日高熱を出して寝込んでしまいました。

おそろしいことがあったものです。「狐のしわざだろう」と語り伝えられています。

【原文】

巻27第33話 西京人見応天門上光物語 第卅三
今昔物語集 巻27第33話 西京人見応天門上光物語 第卅三 今昔、西の京に住む者有けり。父は失て、年老たる母独なむ有ける。兄は人の侍などにて仕はれけり。弟は比叡の山の僧にてなむ有ける。

【翻訳】
中山勇次
【校正】
中山勇次・草野真一
【協力】
草野真一
【解説】
中山勇次

狐は化かすだけで、傷つけることはないと考えられた。

鳥獣戯画に見る擬人化されたキツネ

巻二十七第四十話 狐が守り神となった話
巻27第40話 狐託人被取玉乞返報恩語 第四十 今は昔、もののけがとりつく病にかかった人がありました。もののけは巫女の口を借りて言いました。 「おれは狐だ。たたりのために来たのではない。ただ、『こういうところにはおいしい食べ物がたくさん...
巻五第二十話 獣の王を自称した狐と獅子の話
巻5第20話 天竺狐自称獣王乗師子死語 第二十 今は昔、天竺に古寺がありました。僧房に比丘(僧)があって、常に経を読んでいました。ある狐がこの経を聞きました。 「人も獣も心を高く持てば、王となることができる」 狐は思いました。 「私...
巻二十六第十七話 狐を使者にした話(芥川龍之介『芋粥』元話)
巻26第17話 利仁将軍若時従京敦賀将行五位語 第十七 今は昔、利仁の将軍という人がありました。当時もっとも力をもっている人(藤原基経)に仕えていました。越前国の、有仁という勢いもあり徳もある人の家に聟として入りましたから、結婚した後はか...
巻二十七
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほんやくネットをフォローする
スポンサーリンク
今昔物語集 現代語訳

コメント