巻二十九第二話 多衰丸と調伏丸、二人の盗人の話

巻二十九

巻29第2話 多衰丸調伏丸二人盗人語 第二

今は昔、世に二人の盗人がいました。多衰丸(たすいまろ)調伏丸(ちょうぶくまろ)といいました。多衰丸は世間によく知られた盗人でしたが、土蔵破りを常習としていました。度々捕らえられて獄に繋がれていました。調伏丸は、どういうことがあったのか、正体不明の盗人でした。
多衰丸も␣␣(欠字。一枚消失していると考えれている※1)似ています。その時に多衰丸は[調伏丸がこのようなものであることを(欠落部分を指している)]不思議なことだと思いました。調伏丸は、名前は聞きますが、遂に誰であるかということも知られずじまいでした。世間の人々も、皆たいそう不思議に思っていました。

これを思いますに、調伏丸は極めて賢い奴であります。「多衰丸と組んで盗み回ったのに、誰であるか知られずじまいあった。極めて珍しいことである」と世間の人は言った、とこのように語り伝えているということでございます。

打吹玉川の土蔵群 (重要伝統的建造物群保存地区、鳥取県倉吉市)

【原文】

巻29第2話 多衰丸調伏丸二人盗人語 第二
今昔物語集 巻29第2話 多衰丸調伏丸二人盗人語 第二 今昔、世に二人の盗人有けり。多衰丸・調伏丸とぞ云ける。 多衰丸は、顕れて、人に知られたる盗人にて有けるに、常に蔵穿つ事をぞ役としてける。度々捕らへられて、獄に禁められにけり。

【翻訳】 松元智宏

【校正】 松元智宏・草野真一

【協力】 草野真一

【解説】 松元智宏

※1 旧全集の語注には次のようにあります。「底本、空格を欠くが、長文、恐らく一紙分の脱落が想定される。」

多衰丸という名の盗賊

芥川龍之介「藪の中」では多襄丸という盗賊が登場します。この盗賊の名は、本話の多衰丸から名がとられていると考えられます。さらに、この名は後のクリエーターにも影響を与え、黒澤明監督「羅生門」に登場する盗賊は多襄丸という名であり、最近では小栗旬主演で「TAJOUMARU」という映画も作られました。

TAJOMARU【タジョウマル】 予告編

巻二十九第二十三話 妻を目の前で犯された男の話(芥川龍之介『藪の中』元話)
巻29第23話 具妻行丹波国男於大江山被縛語 第廿三今は昔、京に住む人が、妻の実家である丹波の国に向かって歩いていました。妻を馬に乗せ、夫は矢を十本ほど差した竹蚕簿(えびら)を負い、弓を持っていました。大江山(丹波の有名な山。酒呑童子伝説...
芥川龍之介 藪の中

このように魅力あるキャラクターが登場する話なのですが、欠落した部分に二人がどのように盗みを犯していたかが描かれていると思われ、そこが抜けているがためによく分からない話になっているのが残念です。


この話を、現代小説訳したものはこちら

現代小説訳「今昔物語」【超短編、平安の怪盗】巻二十九第二話 多衰丸《たすいまろ》、調伏丸《ちょうぶくまろ》二人の盗人のこと 29-2|好転する兎@古典の世界をくるくる遊ぶ|note
 今も昔も、お上のお縄をくぐりぬけて活躍する”怪盗”は、社会的に正しいとは言えない行動をとるのに、その痛快さで民の人気を集めるものです。平安時代にも、二人の盗賊がいました。その名も、多衰丸《たすいまろ》、調伏丸《ちょうぶくまろ》でございます。  多衰丸《たすいまろ》が調伏丸《ちょうぶくまろ》の名を呼んだ時には、その姿...

 

巻二十九
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほんやくネットをフォローする
スポンサーリンク
今昔物語集 現代語訳

コメント