巻四第二十一話 五頭の獅子を出し許された罪人の話

巻四

巻4第21話 為国王負過人供養三宝免害語 第廿一

今は昔、天竺に一人の男がありました。罪を犯し、その過(とが)を受けることになりました。国王は男を捕え、首を切ろうとしました。そのとき男が申しました。
「私に七日の猶予をください」
王は男の願いを聞いて、七日の暇を与えました。

男は家に帰ると、七日の間、心を至して三宝(仏法僧)を供養しました。七日がたち、八日めの朝、国王のもとに参りました。

国王は男がやってきたことを喜び、約束どおり首を落とそうとすると、男はたちまち仏の姿になりました。国王はこれを見ると、斬首刑をやめ、大象を酔わせ、男を踏み殺させようとしました。男は金色の光を放ち、指の先から五頭の師子を現し出しました。酔象はこれを見ると、たちまち逃げ去りました。

国王はこの奇異を見て、恐怖して問いました。
「おまえはどんな徳があって、このような不思議をあらわすのか」
「私は家に帰って、七日の間、三宝を供養し奉っただけです。七日を過ぎて、ここに参りました」
国王は、男の罪を許し、三宝に帰依するようになりました。

三宝を供養し帰依することは、このように無限の功徳を現出させると語り伝えられています。

【原文】

巻4第21話 為国王負過人供養三宝免害語 第廿一
今昔物語集 巻4第21話 為国王負過人供養三宝免害語 第廿一 今昔、天竺に一人の人有り。国王の為に犯を成して、其の過(とが)を負へり。国王、此の人を捕へて、頸を切らむと為る程に、此の人、国王に申して云く、「我れに七日の暇を免し給へ」と。国王、申すに依て、七日の暇を給ひつ。

【翻訳】 柴崎陽子

【校正】 柴崎陽子・草野真一

【協力】 草野真一

【解説】 柴崎陽子

この話は『経律異相』よりとられていますが、それによれば、王がいけにえとして牛や羊を捧げる(バラモン教/ヒンズー教の慣習)よう命じたところ、男は「私は仏弟子です」といって命令を拒んだため、罰せられることになったとされています。

ライオンは百獣の王と呼ばれますが、絶対にゾウには向かっていかないそうです。

巻一第十話 提婆達多が仏をあやめる話
巻1第10話 提婆達多奉諍仏語 第十 今は昔、提婆達多(だいばだった、デーヴァダッタ)という人がありました。釈尊の父方のいとこに当たります。提婆達多は釈尊の父・浄飯王の弟、黒飯王の子です。 提婆達多がいまだ太子だったころ、雁を射ました。...
巻一第二十三話① 仏の絵に怒り、攻め入ろうとした王の話
巻1第23話 仙道王詣仏所出家語 第廿三 今は昔、天竺に都城がふたつありました。それぞれ花子城(けしじょう)、勝音城(しょうおんじょう)といいました。ふたつの都城は、栄えたり衰えたりしました。 あるとき、勝音城の人がみな富んで楽しむこと...
巻四第十八話 凶暴な象が法を聞いた話
巻4第18話 天竺国王以酔象令殺罪人語 第十八今は昔、天竺に国王がありました。国に王法を犯す不善の輩があれば、一頭の大象を酒に酔わせ、罪人に放ちました。大象は目を赤くして大口を開け、走りかかって罪人を踏み殺しました。この刑の恐ろしさから...

 

 

巻四
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほんやくネットをフォローする
スポンサーリンク
今昔物語集 現代語訳

コメント

タイトルとURLをコピーしました