巻四第九話① 碁を打つ老僧の話

巻四

巻4第9話 天竺陀楼摩和尚行所々見僧行語 第九

今は昔、陀楼摩(だるま)和尚という聖人がいらっしゃいました。天竺のすべての場所に赴き、あらゆる比丘(僧侶)のおこないを見て、世に伝えました。

ある大きな寺に詣でたときのことです。ある僧房では、仏像に花をたむけ香をたいていました。ある房では比丘が経を読誦していました。さまざまな形で貴いおこないが執り行われていました。

その中にひとつの房がありました。草深く、塵が積もっていて、人が生活している気配がありません。入ってみますと、八十歳ほどの老比丘が二人いて、碁を打っていました。仏像もなく、経文もありません。ただ碁だけを打っているように見えました。

和尚はたずねました。
「あの房には、老比丘が二人いて、碁を打っていました。他には何もしていないように見えました」
「あの古老二人は、若いときから、碁を打つ以外のことをしていません。仏法の存在も知らないでしょう。寺のほかの比丘もうとましく思い、交際しないようにしています。ただ、供物を受けてそれを食べ、碁を打つほか何もせず年月を送っています。外道(仏教以外の宗教)のようなものです。あなたも近づかないほうがよいですよ」

隋(六世紀ごろ)の碁盤。碁のおこりは古代中国ともインドともチベットともいわれ、『論語』にも言及がある

和尚は思いました。
「この二人は何かある」
二人の古老が碁を打つ房に戻りました。一局打ち終わったところで、一人の古老が立ちました。もうひとりは座ったままです。しばらくたつと、この座ったままの古老がかき消えるようにいなくなりました。
不思議に思って見ていると、ふたりは消えたり現れたりをくりかえしています。現れたと思うと消え、消えたと思うと現れるのです。

この様子を見て思いました。
「寺の他の比丘たちは『碁を打つ以外のことはしない』といって、軽蔑したり見下したりしていたが、まったくの間違いだ。彼らは貴い聖人だ。話を聞いてみよう」
陀楼摩和尚は二人の古老に問いました。
「どうしてただ碁を打つことで年月を過ごしているのですか。所行を見れば、証果の人(悟りを開いた人)だとわかります。そういう方がなぜですか。わけを教えてください」
二人の古老が答えました。
「私たちは、長く碁を打つ以外のことをしていません。黒が勝つ時は、煩悩が勝ったとき、白が勝ったときは、私の心の菩提が勝ったときです。煩悩の黒をおさえて、菩提の白が増えることを願っています。このことが私たちに無常を観じさせました。その功徳があらわれて、私たちは悟りを開くことができました」
陀楼摩和尚は雨のように涙を落としました。

和尚は言いました。
「徳行を隠し、人に知らせず、寺の者に不用だと思われてもつらぬいた。本当に貴い心だ」
房を出て何度も拝み、他の比丘にも語りました。これを聞き、比丘たちはおおいに悔い、悲しみ貴びました。
「私たちは愚かだった。こんな近くに証果の羅漢(悟りを開いた聖者)があったのに、長年軽んじ、侮蔑していたのだ」

に続く)

【原文】

巻4第9話 天竺陀楼摩和尚行所々見僧行語 第九
今昔物語集 巻4第9話 天竺陀楼摩和尚行所々見僧行語 第九 今昔、陀楼摩和尚と申す聖人在ます。此の人、五天竺に行至らぬ所無く行て、諸の比丘の所行を善く見て、世に伝へ給ふ人也。

【翻訳】
柴崎陽子
【校正】
柴崎陽子・草野真一
【協力】
草野真一
【解説】
柴崎陽子

陀楼摩和尚とは、あの縁起物として生産されるだるまさんのモデルとなった人(達磨大師、ボーディダルマ)と同一人物とされています。

雪舟「慧可断臂図」奥が達磨、手前は弟子の慧可 京都国立博物館 国宝

達磨はとても逸話の多い人です。だるまさんが怖い顔をしているのも、手足がないのも、それぞれ伝説にのっとったものです。

達磨寺のだるま(群馬県高崎市)

禅宗(臨済宗、曹洞宗、黄檗宗など)の祖師とされていますが、『今昔物語集』はこれらの宗派の成立よりずっと早くつくられています。

達磨 - Wikipedia

この「碁を打つ老僧」の話は「宇治拾遺物語」にも見られます。

第137話(巻12・第1話)達磨、天竺の僧の行ひを見る事
宇治拾遺物語 第137話(巻12・第1話)達磨、天竺の僧の行ひを見る事 達磨見天竺僧行事 達磨、天竺の僧の行ひを見る事 校訂本文 昔、天竺に一寺あり。住僧もつとも多し。達磨和尚、この寺に入りて、僧どもの行をうかがひ見給ふに、ある房には念仏し、経を読み、さまざまに行ふ。ある房を見給ふに、八・九十ばかりなる老僧の...
巻四第九話② 強盗に襲われた僧と狂人を装う僧の話
巻4第9話 天竺陀楼摩和尚行所々見僧行語 第九 (①より続く) 陀楼摩(だるま)和尚は山のふもとの人里に宿をとりました。 夜がふけたころ、叫び声が聞こえました。 「強盗だ! 強盗が私を殺そうとしている。年来貯えていた財宝は、みな奪わ...

 

巻四
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほんやくネットをフォローする
スポンサーリンク
今昔物語集 現代語訳

コメント