巻五第二十五話 猿と亀のだましあいの話

巻五

巻5第25話 亀為猿被謀語 第廿五

今は昔、天竺の海辺に山がありました。一匹の猿が、木の実を食べて暮らしていました。
山の近くの海に、亀の夫妻が住んでいました。妻の亀が夫の亀に言いました。
「私はあなたの子を妊娠しました。しかし、私は腹に病があるので、産むのは難しいでしょう。薬を飲めば、病は癒えて、あなたの子を産むことができます」
夫は問いました。
「その薬とはなんだ」

妻が答えました。
「腹の病には猿の肝が一番の薬だと聞きました」
夫は海岸に行き、猿に会ってたずねました。
「あなたの家のまわりは、食物が豊かですか」
「いいえ。常に乏しいです」
亀は言いました。
「私の栖(すみか)の近辺には、四季の果実や木の実が絶えない広い林があります。あなたをそこに連れていきますから、飽きるほど食べてください」

猿は謀られていることを知らず、喜んで、「すばらしい! 連れていってください」と言いました。
亀は、「では行きましょう」と言って、背に猿を乗せて海に入りました。
しばらくして亀は言いました。
「じつは、私の妻が懐妊しているのです。しかし、腹に病を持っています。猿の肝がその薬だと聞きました。私はあなたの肝を取るために、だましてつれてきたのです」

猿は答えました。
「それは残念なことをしましたね。あなたは私たちのことをご存じないのです。聞いたことはありませんか。私たちは、身の中に肝がありません。かたわらの木にかけているのです。あそこでおっしゃっていただけば、私の肝はもちろん、他の猿たちの肝も、さしあげることができたのに。たとえ私を殺しても、体の中に肝がなければ意味はないでしょう。お気の毒なことです」
亀は猿のいうことを信じて、「ならば、戻りましょう。肝を取ってきてください」と言いました。猿は答えました。
「たやすいことです。肝がかかっている場所にさえ行けばよい」
亀は猿を背に乗せて、もとの場所に戻りました。

背中から降りると、猿は走っていって、木の梢に上りました。そこから見下ろして、亀に言いました。
「あさはかなやつだ。身から離れた肝なんかあるものか」
亀はだまされたことに気づきましたが、どうすることもきません。梢の猿を見上げながら言いました。
「あさはかなのはおまえだ。海の底に果物や木の実があるはずないじゃないか」
そう言いながら、海にもどりました。

獣はこのようにおろかなものです。人も愚痴な者は同じです。そう語り伝えられています。

游亀 葛飾北斎

【原文】

巻5第25話 亀為猿被謀語 第廿五
今昔物語集 巻5第25話 亀為猿被謀語 第廿五 今昔、天竺の海辺に一の山有り。一の猿有て、菓(このみ)を食して、世を過す。 其の辺の海に二の亀有り。夫妻也。妻の亀、夫の亀に語て云く、「我れ、汝が子を懐妊せり。而るに、我れ、腹に病有て、定めて産み難からむ。汝ぢ、我に薬を食せば、我が身平かにて、汝が子を生じてむ」と。...

【翻訳】
西村由紀子
【校正】
西村由紀子・草野真一
【協力】
草野真一
【解説】
西村由紀子

法苑珠林』『経律異相』などから素材を得て、独自につくられた話。

 

巻五第二十三話 鼻のない九百九十九匹の猿の話
巻5第23話 舎衛国鼻欠猿供養帝釈語 第廿三 今は昔、天竺の舎衛国(コーサラ国)に山がありました。その山に一本の大樹があり、千匹の猿が住んでいました。みな心をひとつにして、帝釈天を供養していました。 千匹の猿のうち、九百九十...
巻五第二十四話 鶴の忠告を信じず落ちて死んだ亀の話
巻5第24話 亀不信鶴教落地破甲語 第廿四 今は昔、天竺で、旱魃のために水が枯渇し、青い草葉もないときがありました。 池に亀が住んでいました。池の水は失せ、亀は命を失おうとしていました。 ある日、一羽の鶴がこの池に食事のためにやってき...
巻五第十九話 亀と洪水と嘘つきの話
巻5第19話 天竺亀報人恩語 第十九 今は昔、天竺に、釣り上げた亀を持って歩いている人がありました。道心ある人がこれを見て、亀をゆずってくれるよう頼み、買い取って放してやりました。 その後何年か経って、亀を放してやった人の寝枕で、ごそご...

 

巻五
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほんやくネットをフォローする
スポンサーリンク
今昔物語集 現代語訳

コメント