巻三

巻三

巻三第二話 文殊が人間界に生まれた話

巻3第2話 文殊生給人界語 第二  昔、文殊という方は、中天竺は舎衛国(コーサラ国、祇園精舎がある)の多羅村にいる梵徳婆羅門という人の子でした。母の右脇からお生まれになり、お生まれになったときにはその家も門も蓮華につつまれました。お体の色...
巻三

巻三第一話 無限に住む在家、浄名居士の話

巻3第1話 天竺毗舎離城浄名居士語 第一 今は昔、天竺の毗舎離城(びはりじょう)に浄名(維摩、ヴィマラ・キールティ)居士(在家者)という翁がいらっしゃいました。この方の住まわれていた部屋は僅か5畳ほどの広さでした。ところがその狭い部屋に十...
タイトルとURLをコピーしました