巻二十五

巻二十五第五話 平維茂と藤原諸任の死闘(その1)

巻25第5話 平維茂罸藤原諸任語 第五 今は昔、実方(さねかた)の中将(藤原実方)というひとが陸奥守(むつのかみ・東北地方の国司)になって任国に下りましたが、この人は高貴な家柄の貴族であったので、国内のしかるべき武士たちはみな前の守に対す...
巻六

巻六第三話② 帝を否定し死を予言した達磨の話

(①より続く) 巻6第3話 震旦梁武帝時達磨渡語 第三 梁の武帝の時代でした。武帝は巨大な伽藍を建立して、数体の仏像を鋳造し、塔をたて、数部の経巻を書写して思いました。「私は殊勝の功徳を修した。これを智恵ある僧に見せて、讃められ貴ばれ...
巻六

巻六第三話① 仏法を弘めようとして追い払われた達磨の弟子の話

g巻6第3話 震旦梁武帝時達磨渡語 第三 今は昔、南天竺に、達磨和尚という聖人がありました。その弟子に、仏陀耶舎(ぶっだやしゃ)という比丘(僧)がありました。 達磨は仏陀耶舎に言いました。「すみやかに震旦国に行き、法を伝えなさい」耶舎は、...
巻四

巻四第二十二話 視力を失って天の眼を得た女の話

巻4第22話 波羅奈国人抉妻眼語 第廿二 今は昔、天竺の波羅奈国(はらなこく、ヴァラナシ)に一人の人がありました。邪見にして仏法を信じませんでした。その人の妻はもっぱら仏法を信じておりましたが、夫の心に随って、お勤めはしませんでした。 ...
巻三十

巻三十第十一話 貝を愛でた古い妻と食うことだけを考えた新しい妻の話

巻30第11話 品不賤人去妻後返棲語 第十一 今は昔、誰と言うことはできませんが、人品賤しからぬ君達受領(公達受領、位階は高いが地方の国司となった者)の年若い青年がありました。心に情があり、由緒正しく見えました。 その人は年来いっしょに暮...
巻二

巻二第十一話 手のひらに無限に金貨がわき出る幸福な男の話

巻2第11話 舎衛城宝手比丘語 第十一 今は昔、天竺の舎衛城(コーサラ国の都)に、一人の長者がありました。家は大いに富み、無量の財宝がありました。一人の男子が生まれました。世に並ぶものがない端正な子でした。 子は両手のひらに、それぞれ金貨...
巻二十七

巻二十七第二十六話 牛の力を借りた霊の話

巻27第26話 河内禅師牛為霊被借語 第廿六 今は昔、播磨(兵庫県)守だった、佐伯公行と言う人がいました。その子に、佐大夫□□という者がありました。四条高倉(京都の地名)の顕宗という者の父親です。その佐大夫は、阿波(徳島県)守である藤原定...
巻二十七

巻二十七第二十五話 夫の幽霊が泣き暮らす妻を訪れた話

巻27第25話 女見死夫来語 第廿五 今は昔、大和国(奈良県)の□□郡に住む人がいました。一人娘がいて、見目形麗しく心映えも良かったので、両親は大切に育てました。また、河内国(大阪府東部)の□□郡に住む人がいました。一人息子がいました。若...
巻二十七

巻二十七第二十四話 妻の霊を抱いた話

巻27第24話 人妻死後成本形会旧夫語 第廿四 今は昔、京に年の若い侍がありました。年来貧乏で、世間で生活していく方法もありませんでした。その頃、□□という人が、国守になりました。 侍は数年来この守と旧知の間柄だったので、守の元に行くと、...
巻二十

巻二十第十九話 地獄の鬼に賄賂をおくった話

巻20第19話 橘磐島賂使不至冥途語 第十九 今は昔、橘の磐島という者がありました。聖武天皇の御代、奈良の都の人でした。大安寺の西の郷に住んでいました。 大安寺の修多羅供(しゅたらく、寺院運営の基金)の銭四十貫を借り、越前の国(福井県)敦...
巻四

巻四第二十一話 五頭の獅子を出し許された罪人の話

巻4第21話 為国王負過人供養三宝免害語 第廿一 今は昔、天竺に一人の男がありました。罪を犯し、その過(とが)を受けることになりました。国王は男を捕え、首を切ろうとしました。そのとき男が申しました。「私に七日の猶予をください」王は男の願い...
巻四

巻四第二十話 妻を欲する王と鬼神の道をたどった夫の話

巻4第20話 天竺人為国王被召妻人依唱三帰免蛇害語 第二十 今は昔、天竺のひなびた田舎に一人の人がありました。端正美麗な妻をもっていました。夫婦はとても仲がよく、ともに住み、深く結びついていました。 あるとき、国王は思いました。「国内で端...
巻二十三

巻二十三第十四話 平致経が夜半に僧正の警護をした話

巻23第14話 左衛門尉平致経送明尊僧正語 第十四 今は昔、宇治殿(藤原頼通・道長の長子)が全盛であられたころ、三井寺(園城寺の通称)の明尊僧正(みょうそんそうじょう)はご祈祷僧として夜の宿直に伺候していましたが、御灯明はともしていません...
巻六

巻六第二話 インドから中国に仏法が伝わった話

巻6第2話 震旦後漢明帝時仏法渡語 第二 今は昔、後漢の明帝のころ(西暦57~75)のことです。帝は身長一丈(約3メートル)の金色に光る人がやってくる夢を見ました。 目覚めてから、知恵ある大臣を召し、この夢の相を見てくれと言いました。大臣...
巻二十三

巻二十三第十三話 一条天皇治世における政道

巻23第13話 平維衡同致頼合戦蒙咎語 第十三 今は昔、一条天皇の御代に、前下野守(さきのしもつけのかみ・現在の栃木県の前国司)・平維衡(たいらのこれひら)という武人がいました。これは陸奥守(むつのかみ・現在の東北地方の国司)・貞盛(さだ...