巻四第六話 美女に化けて弟子を誘惑する話

巻四

巻4第6話 天竺優婆崛多試弟子語 第六

今は昔、天竺に、仏が涅槃に入ってから百年ほどたって、優婆崛多(うばくった、ウパグプタ)という悟りに至った羅漢(聖者)がありました。

その弟子に一人の比丘(僧)がありました。優婆崛多がどう考えていたのかはわかりませんが、彼に常に忠告していました。
「おまえは決して女に近づいてはならない。女に近づけば、(悟りに至らず)車輪のように回り生死をくりかえすことになるだろう」
ことあるごとにそう注意していました。

弟子は言いました。
「師は私のどこを見ているのだろう。私はすでに羅漢果(聖者となるための一段階)を得ている。女とは長く離れていて、ふれてもいない」
他の弟子たちも「こういう貴い人を、常に注意するとはおかしなことだ」と思っていました。

あるとき、この弟子の比丘が、所用あって出かけ、川を渡ることがありました。若い女が比丘と同じように川を渡ろうとしていましたが、女は川の深いところにはまって流され、倒れそうになっていました。
女は言いました。
「そこのお坊様、私を助けてください」
比丘は聞こえないふりをしようかと思いましたが、女はまさに流されそうになっています。近寄って女の手をとり、岸にあがりました。

女の手はふくよかで、なめらかでした。陸に着いてからも、比丘はにぎった手をはなすことができませんでした。女は「もうはなしてほしい。行きたい」と思いましたが、比丘はいよいよ強く手をにぎって言いました。
「前世の因縁があるのかもしれません。私はあなたが慕わしいのです。私の望みを聞いてもらえませんか」
女は答えました。
「私はあなたに会わなければ、流されて死んでいました。あなたは私を助けてくれました。今生きているこということは、あなたの徳です。ならば、あなたの言うことを断ることはできません」
比丘は女の手をとって、ススキが茂った藪の中に入りました。
「私の本意は、ただこうしたいということです」

人には見えない藪の中に入り、比丘は女の前を開き、みずからの前も開き、女と交わりました。
「こんなところを人に見られたらたいへんだ」そう思いましたから、後ろをふりかえり、誰もいないことを確認しました。そして、安心して見還りました。
あおむけになっているのは女ではなく、優婆崛多でした。

師は笑顔で言いました。
「八十余歳になる老法師をどうするつもりだ。すべてはおまえの愛欲のせいだ。おまえは女に触れれば心を失う」
比丘は逃げようとしましたが、足を強くからませていますから、それもできません。師は言いました。
「おまえは愛欲の心からこうしたいと願ったのだ。それを続け、私と交わるがいい。できないのなら、許すことはできない。おまえは私に嘘をつき、だましたのだから」
大声で言いました。

そのとき、道行く人が、この大声を聞いて驚き、近寄ってきました。老僧の股に、僧がはさまっています。老僧は言いました。
「この比丘は私の弟子です。私は八十歳になろうというのに、交わろうとして、薮につれこんだのです」
見る人の数はどんどん増え、多くの人があやしみました。

人がこのありさまを見終えた後に、優婆崛多は起き上がり、比丘とともに、大寺に行きました。鐘をついて、寺の人々を集めました。人々が集まると、優婆崛多はできごとの一切を語りました。人はこれを聞き、あるいは嘲笑し、あるいはののしりました。

弟子の比丘はこれをとても恥ずかしく、悲しく思いました。身が砕かれるようでした。
このことを強く悔い、悲しんだがゆえに、たちまちに阿那含果(はじめの位よりさらに高い位)を得ました。

弟子を道に計り入れ給うたことは、仏と同じだと語り伝えられています。

【原文】

巻4第6話 天竺優婆崛多試弟子語 第六
今昔物語集 巻4第6話 天竺優婆崛多試弟子語 第六 今昔、天竺に、仏涅槃に入給て後、百年許有て、優婆崛多と申す証果の羅漢在ます。 其の弟子に一人の比丘有り。優婆崛多、其の弟子を何(いか)なる心か見給けむ、常に呵嘖して云く、「汝ぢ、猶女に近付く事無かれ。女に近付く事は、生死に廻る事、車の輪の廻るが如し」。此の如く、...

【翻訳】
柴崎陽子
【校正】
柴崎陽子・草野真一
【協力】
草野真一
【解説】
柴崎陽子

優婆崛多はガンダーラと双璧をなす仏教美術の宝庫マトゥラー(インド、ウッタル・プラデーシュ州)の出身で、アショーカ王の師だった人です。

マトゥラー美術 仏陀とインドラ(帝釈天)紀元50~100年

前話までアショーカ王の話が続いていましたが、ここに関連があります。

巻四第三話 大王が八万四千の后を殺した話
巻4第3話 阿育王殺后立八万四千塔語 第三 今は昔、天竺に、仏が涅槃に入って(入滅して)百年後、鉄輪聖王(てつりんじょうおう、解説参照)が生まれました。阿育王(あそかおう、アショーカ王)です。八万四千の后を持っていました。しかし、子はあり...
巻四第四話 両眼を失い国外追放になった王子の話
巻4第4話 拘拏羅太子抉眼依法力得眼語 第四 今は昔、天竺に阿育王(あそかおう、アショーカ王)という大王がいらっしゃいました。太子が一人あり、名を拘拏羅(くなら)と申しました。形貌は端正であり、心性は正直でした。すべてにおいて人より勝れ、...
巻四第五話 大王が築いた地獄の話
巻4第5話 阿育王造地獄堕罪人語 第五 今は昔、天竺に阿育王(あそかおう、アショーカ王)という王がありました。王は地獄をつくり、国内の罪人を収容しました。近寄った人は決して戻ることはなく、かならず地獄に入れました。 そのころ、とても尊い...

この話はわりと有名な話のようで、宇治拾遺物語にも同じ題材のものがあります。

第174話(巻13・第14話)優婆崛多の弟子の事
宇治拾遺物語 第174話(巻13・第14話)優婆崛多の弟子の事 優婆崛多弟子事 優婆崛多の弟子の事 校訂本文 今は昔、天竺に、仏の御弟子、優婆崛多(うばくつた)といふ聖おはしき。如来滅後、百年ばかりありて、その聖に弟子ありき。いかなる心ばへをか見給ひたりけん、「女人に近付くことなかれ。女人に近付けば、生死(し...

若い僧が女に魅了され戒を破った、じつは女の正体は……という話ですが、これって吊り橋効果だと思いました。優婆崛多はそれも知っていてしかけているのです。大したもんだ。

YouTubeにこの話のラジオドラマがあります。
すごくよくできているのに、タイトルが誤ってるのが本当に残念。
(ラジオドラマは正しい)

今昔物語 巻の六「天竺の優婆崛多、弟子を試みたること」(ラジオドラマ)
巻四
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほんやくネットをフォローする
スポンサーリンク
今昔物語集 現代語訳

コメント