巻四第二十三話 父を殺し母を妻とした話

巻四

巻4第23話 天竺大天事語 第廿三

今は昔、仏が涅槃に入って四百年たったころ、天竺の末度羅国(まとらこく、マトゥラー)に、大天(摩訶提婆、マハーデーヴァ)という人がありました。その父は商いのために大海に出て、他国へ行きました。

マトゥラー(ウッタル・プラデーシュ州)

大天は思いました。
「この世でもっとも美しい女を妻としよう」
探しましたが得られずに家に帰ると、母はたいへん美しいことに気づきました。
「この世には、これに勝る女はない」
大天は母と結婚し、妻としました。

数か月間、母を妻としてともに住んでいましたが、父が長い航海を終え、岸に着くという報を受けました。大天は思いました。
「自分は母を妻とした。帰ってきた父がそれを知ったなら、よくは思わないだろう」
父がまだ陸に上っていないうちに、行き向かい、父を殺しました。

その後しばらく、夫妻は問題なく暮らしていましたが、大天が所用あって外出している間、母が隣家に行ってしばらく帰ってこないことがありました。大天は「これは妻(母)が隣家に行って密通しているからにちがいない」と思い、大いに怒り、母を捕え、打ち殺してしまいました。

すでに父母を殺しました。大天はこれを恥じ恐れ、もとの家を離れ、遥か遠い所に行き住んでいました。もとの国にいたころ知っていた羅漢の比丘がありましたが、これが今住んでいる所にやって来ました。大天は思いました。
「私はもとの家で父母を殺した。それを恥じ恐れたので、ここに移り住んだ。ここでは父母を殺したことを深く隠している。しかし、この羅漢はここに来た。きっと私のことを人に語ろうとするだろう。ならば、羅漢をなき者にするしかない」
大天は羅漢を殺しました。

大天は三逆罪(殺父・殺母・殺羅漢)を犯しました。(以下、原文欠)

釈迦像(マトゥラー、5世紀、メトロポリタン美術館)

【原文】

巻4第23話 天竺大天事語 第廿三
今昔物語集 巻4第23話 天竺大天事語 第廿三 今昔、天竺に、仏、涅槃に入給て四百年に、末度羅国と云ふ国に、大天と云人有り。其の父、商の為に大海に浮て、他国へ行ぬ。 其の間、大天、「此の世に、端正美麗勝れたらむ女を以て妻と為む」と思て求るに、求得ずして、家に帰たるに、其の母、端正美麗にして、「世に、此れに勝たる女...

【翻訳】 柴崎陽子

【校正】 柴崎陽子・草野真一

【協力】 草野真一

【解説】 柴崎陽子

大天は仏教の根本分裂の一方、大衆部を起こした人物だといわれています。阿育王の師であったと伝えられ、その場合は本話の「仏が涅槃に入って四百年たったころ」は誤りである可能性が高いそうです(阿育王/アショーカ王は仏滅後百年の人と伝えられる)。

巻四第三話 大王が八万四千の后を殺した話
巻4第3話 阿育王殺后立八万四千塔語 第三 今は昔、天竺に、仏が涅槃に入って(入滅して)百年後、鉄輪聖王(てつりんじょうおう、解説参照)が生まれました。阿育王(あそかおう、アショーカ王)です。八万四千の后を持っていました。しかし、子はあり...

本話は中途で終わっています。腐食など物理的な欠落も考えられますが、この話の場合は「あえて」である可能性が高いそうです。
この後、大天が上座部の僧を追いやる様子が語られます。これが仏教の根本分裂を描いており、僧が上座部と大衆部にわかれた様子を伝えていることは間違いありませんが、日本には主に大衆部の仏教(大乗仏教)だけが入ってきたため、ピンとこない話であったのでしょう。

巻三十第七話 女を追い九州に下った少将が拉致された話
巻30第7話 右近少将□□□□行鎮西語 第七今は昔、右近の少将□□という人がありました。容姿やありさまが美しく、心持ちのよい人でした。管絃をたしなんでいました。九月十日のころ(旧暦)、月がとても美しい夜に、少将が人の家をたずねることが...
巻四
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほんやくネットをフォローする
スポンサーリンク
今昔物語集 現代語訳

コメント

タイトルとURLをコピーしました