巻二十三第二十二話 相撲人と大蛇の戦い

巻二十三

巻23第22話 相撲人海恒世会蛇試力語 第(廿二)

今は昔、丹後国(たんごのくに・現在の京都府北部)に海恒世(あまのつねよ)という右近衛府の相撲人がいました。
その恒世の住んでいた家のそばに古い川が流れていて、深い淵になっている所がありました。
ある夏の頃、恒世は水際近く木陰になっている所をひとえの着物一枚着て腰帯を巻き、下駄ばきで杈杖(またぶりづえ、先端がふた股に分かれている杖)を突き、小さな童子を一人供に連れて、あちらこちらと涼みがてら歩いているうち、その淵のそばの木の下にやってきました。

杈杖(杈椏杖)

淵は青々として気味悪くよどみ、底も見えません。

葦や菰などが生い茂っているのを見ながら立っていましたが、淵の向こう岸の三丈(さんじょう・約9メートル)ほども離れていると思われるあたりから、水が膨れ上がってこちらに向かって来きます。
そのため、恒世は、「あれはなんだろうか」と見ていると、こちらの水際近くになって、大蛇が水中から頭を突き出しました。
恒世はこれを見て、「あの蛇の頭の大きさからすると、さぞ大きな蛇だろう。こちらに上がってくるのだろうか」と考えていると、蛇が顔を出してしばらく恒世を見つめます。
恒世は、「この俺をあの蛇は、どうしようと思っているのか」と思いながら、水際から四、五尺(120から150センチ)ほど離れて、身動きもせずに見ていましたが、蛇はしばらくの間、目も離さず見つめてから、頭を水の中に引き入れました。

そのあと、向こう岸に向けて水がふくれ上がると見るや、またこちら岸に波打たせて来ます。
その後、蛇が尾を水の上にさし上げて、恒世が立っている方に向かって来ました。
「この蛇は、何か考えがあるのだな」と思い、蛇のするままにさせて見ていると、蛇は尾を伸ばして、恒世の足を二巻きほど巻きました。
「どうするつもりだろう」と思って立っていると、十分に巻き終わって、キシキシと引き寄せます。
「さては、俺を川に引き込もうとするのだな」と思い、同時にそのとき足を強く踏みしめて立ちました。
ものすごい力で引っ張るな、と思ったとたん、履いていた下駄の歯を踏み折りました。
「引き倒されそうだ」と思いましたが、心して踏みこたえて立ち直ったものの、強く引くのなんの、引きずり込まれそうに思われて、渾身の力を込めて強く踏ん張ると、さしも固い土の中に五、六寸(約15から19センチ)ほど足がのめり込みました。
「これはまたなんとも、えらい力だ」と思うと同時に、縄などが切れるように、ぶっつり切れ、川の中に血が浮かび出たように見えたので、「さては切れたのだな」と思って足を引けば、引きちぎられた蛇の尾が岸に上がってきました。
そこで足に巻かれた尾を引き[離し]、足を水で洗いましたが、その蛇が巻きついた跡は消えませんでした。

こうしているうちに、従者たちが大勢駆けつけて来ました。
「酒でその跡を洗うといい」
と言う者がいたので、さっそく酒を取りに遣り、洗ったりしてから、従者たちにその蛇の尾の方を引き上げさせて見ると、大きいなどというどころではありません。
切り口の太さは一尺(約30センチ)ほどもあろうかと見えました。
頭の方の切り口を見させに、川向うへ(従者を)遣ったところ、岸に大木の根がありましたが、それに蛇が頭を何回も巻きつけ、尾の方をこちらへ渡し、(恒世の)足に巻きついて引いたのであります。
だが、蛇の力が恒世に劣り、真ん中からちぎれてしまったのでした。
我が身の切れるのもかまわず引っ張った蛇の心は、なんとも恐るべきものであります。

その後、「蛇の力のほどは、人の何人ぐらいに当たるか、試してみよう」と思い、大きな縄を蛇が巻いたように恒世の足に巻きつけ、十人ほどの人に持たせて引かせませたが、それでも、
「あれほど強くない」
と言うので、さらに三人加え、五人加えなど何度も人を加えて引かせましたが、
「まだ足りない。まだ足りない」
と言い、ついに六十人ばかり取りついて引いたときに、はじめて、
「それくらいだった」
と恒世が言いました。
これから考えるに、恒世の力は百人力ぐらいであったと思われます。

これはじつに驚くべきことです。
昔はこのように力の強い相撲人もいた、とこう語り伝えているということです。

【原文】

巻23第22話 相撲人海恒世会蛇試力語 第(廿二)
今昔物語集 巻23第22話 相撲人海恒世会蛇試力語 第(廿二) 今昔、丹後の国に海の恒世と云ふ右の相撲人有けり。其の恒世が住ける家の傍に旧河有けるが、深き淵にて有ける所に、夏比、恒世其の旧河の汀近く、木景の有りけるに、帷(かたびら)許を着て、中結て、足駄を履きて、杈杖(またぶりづゑ)と云ふ物を突て、小童一人許を共に...

【翻訳】 柳瀬照美

【校正】 柳瀬照美・草野真一

【解説】 柳瀬照美

海恒世は丹後国の出身。その属する海氏は海部氏と同族であり、古代海洋氏族のひとつ。
恒世は村上天皇の治世末より相撲の節に召され、右の最手(ほて・最高位)となって、永観2年(984)に没したという。

巻二十三第二十一話 大学の学生、相撲人を投げ飛ばす
巻23第21話 大学衆試相撲人成村語 第(廿一)今は昔、陸奥国(むつのくに・東北地方)に真髪成村(まかみのなりむら)という老いた相撲人(すまいびと・相撲取り)がいました。真髪為村(まかみのためむら)の父で、今いる経則(つねのり)の祖父に...

〈『今昔物語集』関連説話〉
海恒世:巻23「相撲人成村常世と勝負する語第二十五」

【参考文献】
小学館 日本古典文学全集23『今昔物語集三』

【協力】ゆかり・草野真一

にっぽん ってどんな国? | What is japan like?
What is japan like?
巻二十三
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほんやくネットをフォローする
スポンサーリンク
今昔物語集 現代語訳

コメント

タイトルとURLをコピーしました