巻二十七第二十六話 牛の力を借りた霊の話

巻二十七

巻27第26話 河内禅師牛為霊被借語 第廿六

今は昔、播磨(兵庫県)守だった、佐伯公行と言う人がいました。その子に、佐大夫□□という者がありました。四条高倉(京都の地名)の顕宗という者の父親です。その佐大夫は、阿波(徳島県)守である藤原定成朝臣と共に阿波に下ったとき、守と共に海に落ちて死にました。佐大夫は河内禅師という人の親戚でした。

そのころ、河内禅師の元に黄色い斑模様の牛がいました。その牛を、知人が借りにきました。淀(淀川)へやったところ、樋集(ひづめ)の橋で、牛飼いが、車をへたくそに引っ張ったので、車の片輪を橋から落としてしまいました。それに引っ張られて車も橋から落ちそうになりました。「車が落ちてしまう」と思って、牛は両足を広げて動かずに立ちました。
むながい(鞍にわたすひも)が切れて車は落ちて壊れました。牛は橋の上に留まっていました。車には人が乗っていなかったので、人は怪我をしませんでした。非力な牛なら引っ張られて怪我をしていたでしょう。あたりにいた人は「なんという力の牛だ」とほめました。

その後、その牛をたいせつに飼っていましたが、その牛はいなくなってしまいました。なぜいなくなったか語る人もありませんでした。
河内禅師は、「これはいったいどうしたことだ」と、求め騒ぎ探しました。近くから遠くまで尋ねましたが、ついに見つかりませんでした。求めわずらっていると、河内禅師の夢に、あの死んだ佐大夫があらわれました。

河内禅師は夢見心地に恐ろしいと感じながら思いました。
「海に落ちて死んだと聞いていたが、どうやって来たのだ」
佐大夫は言いました。
「私は死んだ後で、この家の丑寅(東北)の隅の方にいます。日に一度は樋集の橋の元に行って苦行を受けなければなりません。私の罪は深く、とても重いため、とうてい乗り物には乗れません。しかし徒歩で行くと大変苦しいので、この黄色い斑の牛を借りました。牛の力は強くて乗ることができるので、しばらく借りて乗っております。しかし、あなたが探し求めているので、今から五日間、借ります。六日めの巳の時(午前十時頃)くらいにお返しします。無理に求めて騒がないでください」
そのとき、夢から覚めました。河内禅師は、「こんな不思議な夢を見ました」と人に語り、探し求めるのをやめました。

その夢を見てから六日後、巳の時くらいに、この牛がどこからともなく来て、歩いて入ってきました。牛は、大役を果たした様子でした。

あの樋集の橋で車が落ちて牛が留まったとき、佐大夫の霊が、それを見ていて、「力の強い牛だ」と感じ、借りて乗って行ったのです。

河内禅師が語りました。たいへん恐ろしいことだと語り伝えられています。

【原文】

巻27第26話 河内禅師牛為霊被借語 第廿六
今昔物語集 巻27第26話 河内禅師牛為霊被借語 第廿六 今昔、播磨の守佐伯の公行と云ふ人有けり。其れが子に、佐大夫□□とて、四条と高倉とに有し者は、近来有る顕宗と云ふが父也。其の佐大夫は、阿波の守(か)み藤原定成の朝臣が共に、阿波に下ける程に、其の船にて、守と共に海に入て死にけり。其の佐大夫は、河内禅師と云ひし者...

【翻訳】 長谷部健太

【校正】 長谷部健太・草野真一

【協力】草野真一

【解説】長谷部健太

[佐伯公行]…『権記(ごんき、注※)』によれば、長徳四年(998年)八月に播磨守。寛弘六年(1009年)二月に中宮彰子と敦成親王への呪詛により捕らえられた。
佐伯氏は大伴氏と並ぶ古代から続く豪族。しかし藤原氏の伸張に圧迫されて高位に上れなくなってきた頃の話。四位、五位の国司あたりが極官(最高位)。
佐大夫とは、佐伯の大夫のことで、大夫は五位の称。

※注…藤原道長の片腕として活躍し、「寛平の四納言」と言われた藤原行成による日記。

【参考文献】
日本古典文学大系『今昔物語集 四』(岩波書店)
『今昔物語集 本朝世俗篇(下)全現代語訳』(講談社学術文庫)

(以下、草野記)
ほぼ同じ話が、『宇治拾遺物語』にある。禅師ではなく前司と表記されており、遊女ではないかという説がある。

第118話(巻10・第5話)播磨守の子、さだゆふが事
宇治拾遺物語 第118話(巻10・第5話)播磨守の子、さだゆふが事 播磨守子さだゆふが事 播磨守の子、サダユフガ事 校訂本文 今は昔、播磨守公行(きんゆき)が子にさだゆふとて、五条わたりにありし者は、このごろある、あきむね
巻二十第十九話 地獄の鬼に賄賂をおくった話
巻20第19話 橘磐島賂使不至冥途語 第十九今は昔、橘の磐島という者がありました。聖武天皇の御代、奈良の都の人でした。大安寺の西の郷に住んでいました。大安寺の修多羅供(しゅたらく、寺院運営の基金)の銭四十貫を借り、越前の国(福井県)敦...

 

巻二十七
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほんやくネットをフォローする
スポンサーリンク
今昔物語集 現代語訳

コメント

タイトルとURLをコピーしました