巻二十七第四十五話 山中で歌を詠じて死んだ話

巻二十七

巻27第45話 近衛舎人於常陸国山中詠歌死語 第四十五

今は昔、□□という近衛舎人(このえとねり、*1)がいました。神楽舎人(かぐらとねり、*2)か何かだったのでしょうか、大変素晴らしい歌詠みでした。

相撲の使い(*3)で東国に下って行くと、陸奥国(青森・岩手・宮城・福島県)から常陸国(茨城県)に入るとき、焼山(たけやま、*4)の関所という大変深い山を通りました。その山を通るのに、馬に乗って手持ちで眠っていると、ふと驚いて目を醒まし、「ここは常陸国なのだな。遥か遠くまで来たことよ」と思い、心細くなり、障泥(あふり、*5)を拍子に打って、常陸歌という歌を歌い、二、三回繰り返して歌いました。すると、並外れて深い山の奥から恐ろしい声が、「なんとも愉快なことよ」と言って拍手するので、馬を止めて、「これは誰が言ったのだ」と言って従者達に尋ねたけれど、「誰が言ったのか聞こえませんでした」と言うので、頭の毛が太くなったように思えて恐ろしく思いつつ、そこを過ぎました。

焼山関に建てられた関戸神社(茨城県久慈郡)

さて、彼はその後、気分が悪くなって病気の様に思えたので、従者達も不審に思っていると、その夜に宿で寝入ったまま死んでしまいました。だから、そんな歌を深い山の中で歌ってはいけないのです。山神がこれを聞いて心惹かれて、その地に引き留めたのでした。

これを思うと、その常陸歌はその国の歌だったので、そこの神が聞いて感心して取って行ったのでしょう。
だから、これも山神等が感じ入って留めたのでしょうか。無益なことです。
従者達が驚いて嘆いたけれど、なんとかして上京して語り伝えたことを聞き継いで、こう語り伝えていると言うことです。

【原文】

巻27第45話 近衛舎人於常陸国山中詠歌死語 第四十五
今昔物語集 巻27第45話 近衛舎人於常陸国山中詠歌死語 第四十五 今昔、□□の比、□□の□□と云ふ近衛舎人有けり。神楽舎人などにて有るにや、歌をぞ微妙く詠(うたひ)ける。 其れが相撲の使にて、東国に下たりけるに、陸奥国より常陸の国へ超る山をば、焼山の関とて、極じく深き山を通る也。其の山を、彼の□□、通けるに、馬...

【翻訳】 長谷部健太

【校正】 長谷部健太・草野真一

【協力】草野真一

【解説】長谷部健太

並外れた一芸を持つ人が夭折すると、神に連れて行かれたとする伝承があまたあるが、これもその一つ。しかしこの話には次の構図が見える。

朝廷≒天皇≒神⇒相撲
山の神⇒近衛舎人

なぜ主人公を近衛舎人にしたのか、これを表現するためではないかと思う。

巻二十七は「本朝付霊鬼」とあって、まさに怪異の目撃談・体験談集となっている。都市での話はさながら「平安時代の都市伝説」であり、「雅な平安時代」と言う一般的なイメージの影となっている。特に八、九話は大内裏での惨劇であって、神聖不可侵であるべきはずの場所ですら人気のない場所は安全ではない、そう思われていた。それだけ現代と違い、死が身近だった現実が反映されているのだろう。

巻二十七第八話 内裏で起こったバラバラ殺人、手足だけが見つかった話
巻27第8話 於内裏松原鬼成人形噉女語 第八今は昔、小松(光孝)天皇の御世に、武徳殿の松原を若い女三人が連れ立って内裏へ向かって歩いていました。八月十七日の夜だったので、大変明るい月夜でございました。すると、松の木のもとに男が一...
巻二十七第九話 未明の役所で消えた役人の話
巻27第9話 参官朝庁弁為鬼被噉語 第九今は昔、太政官(だいじょうかん、中央官庁)が朝庁という事を行っていました。未明に人が参るものでした。その時、史(さかん、三等官)□□の□□という者が遅刻し、弁(史の上司)は早出して席に座って...

*1…近衛府の下級官吏で、天皇・貴族・大臣等にも近侍した。
*2…近衛舎人で、宮中の神楽に奉仕するもの。
*3…七月の相撲節に具えて、例年二、三月頃、朝廷から派遣されて相撲人を諸国に召し歩く、正式のスカウト。
*4…現在の茨城県久慈郡大子町。陸奥への入口。
*5…馬具の一つで、はねる泥を避けるために、馬の両脇や腹に蔽いを垂れたもの。毛皮、または塗り皮で作られた。

【参考文献】
日本古典文学大系『今昔物語集 四』(岩波書店)
『今昔物語集 本朝世俗篇(下)全現代語訳』(講談社学術文庫)
田中貴子『百鬼夜行の見える都市』(ちくま学芸文庫)

(巻二十七 了)

巻二十七
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほんやくネットをフォローする
スポンサーリンク
今昔物語集 現代語訳

コメント

タイトルとURLをコピーしました