巻二十第十九話 地獄の鬼に賄賂をおくった話

巻二十

巻20第19話 橘磐島賂使不至冥途語 第十九

今は昔、橘の磐島という者がありました。聖武天皇の御代、奈良の都の人でした。大安寺の西の郷に住んでいました。

大安寺の修多羅供(しゅたらく、寺院運営の基金)の銭四十貫を借り、越前の国(福井県)敦賀の海岸に行って、品物を仕入れて、船に積み、帰ろうとしたときに、にわかに病にかかりました。船をとどめて馬を借り、それに乗ってひとりで帰ることにしました。近江の国高島の郡(滋賀県高島市)の浜(琵琶湖畔)でふりかえると、一町(約110メートル)ほど後ろに、男が三人ついてきていました。

山城の国宇治の橋(京都府宇治市、宇治川にかかる橋)をわたろうとすると、この三人の男が、近よってきて、並んで歩くことになりました。
磐島は問いました。
「あなたがたはどこに行こうとしているのですか」
「我々は閻魔王の使いである。奈良の磐島を召しに行く」
磐島はこれを聞いて驚きました。
「それは私のことです。どうして召すのですか」
「我々はまずおまえの家に行った。聞けば『商(あきない)のために他国に出かけてまだ帰ってこない』というので、敦賀の海岸で探したのだ。見つけて捕らえようとしたとき、四天王の使いがやってきて、『この人は、寺の銭を借りて商いをして、返し納めようとしている。しばらく待て』というので、家に帰るまで許したのだ。ずっとおまえを求めていたから、腹が減ったし疲れた。なにか食いものはあるか」
磐島は答えました。
「道中で食べるために、糒(ほしいい、携帯食)をすこし持っています」

これを与えて食べさせようとすると、鬼が言いました。
「おまえの病は我々の霊気によるものだ。近くに来るな。(旅が終わるまで無事だから)恐れることはない」
磐島と鬼はともに帰りました。

家に着くと、磐島は食べものを用意させ、大いに饗応しました。鬼が言いました。
「我々は牛の肉を食いたいと思っている。すぐに手に入れて、食わせてくれ。世の中で牛を取って食うと言われているのは我々だ」
「家に斑牛(まだらうし)が二頭います。これをすべて差し上げましょう。なんとか私を許してもらえませんか」
鬼は答えました。
「我々はおまえがくれた多くの食べものを受けた。その恩はかならず返す。しかし、おまえを許したら、我々が重い罪を負うことになる。鉄の杖で百度打たれるだろう。おまえと同じ年の人はいないか」
「同い年の人は知りません」
鬼のひとりが怒って言いました。
「おまえは何年だ」
磐島は答えました。
「戊寅(つちのえとら)の年です」
鬼は言いました。
「その年の人なら知っている。おまえのかわりにその人を召そう。ただし、おまえがくれた牛は食う。また、我々が打たれ責められる罪をまぬがれるために、我々三人の名を呼んで、金剛般若経百巻を読誦させてくれ。我々は、『高佐丸』『仲智丸』『津知丸』である」
鬼たちは、夜半に出ていきました。

赤白の斑のホルスタイン

明朝、牛が一頭死んでいました。磐島はこれを見て、すぐに大安寺の南塔院に行き、沙弥(しゃみ、僧)仁耀(にんえ)を請じて、事の次第をくわしく語り、金剛般若経を読誦してもらい、鬼のために廻向しました。二日の間に、百巻を読誦し終えました。

奈良時代の大安寺伽藍の模型、南側より見る。奈良市役所所蔵平城京1/1000模型の一部

三日めの朝、かの鬼があらわれて言いました。
「我々は般若の力によって、百度の杖の苦をまぬがれることができた。今まで得ていた食のほかに、さらに食を増してもらった」
鬼はたいへんに喜び貴びました。
「今から後は、六斎日ごとに、我々のために功徳を修し、食を供せ」
そう伝えると、忽然と掻き消えるように去りました。

その後、磐島は九十余歳で命を終えました。これは商いのために大安寺の銭を借り、未だ返し納めていなかったために、命を保ったのです。また、鬼の行為は正しくありませんでしたが、般若の力によって苦をまぬがれました。とても貴いことだと語り伝えられています。

【原文】

巻20第19話 橘磐島賂使不至冥途語 第十九
今昔物語集 巻20第19話 橘磐島賂使不至冥途語 第十九 今昔、橘の磐島と云ふ者有けり。聖武天皇の御代に、奈良の京の人也。大安寺の西の郷に住けり。 而るに、其の寺の修多羅供の銭四十貫借請て、越前の国敦賀の津に行て、要物を買て、船に積て還る程に、俄に身に病を受けつ。然れば、船を留て、馬を借て、其れに乗て、独り怱ぎ還...

【翻訳】 草野真一

【解説】 草野真一

歴史学者・網野善彦の本に、「日本に貨幣経済が浸透したのは南北朝時代」という記述があり、下の話に物々交換の事例を見つけ、やはり網野先生の御説は正しいと思っていたのだが。

巻二十第十七話 施しをせず牡蠣を救った人の死後の話
巻20第17話 讃岐国人行冥途還来語 第十七今は昔、讃岐国香水(かがわ)の郡坂田の郷(香川県高松市)に、一人の富人がありました。姓は綾の氏です。妻も同姓でした。その隣に年老たる嫗(おうな、老婆)が二人ありました。ともに寡(やもめ)であ...
https://news.kodansha.co.jp/5304

この話は大安寺にお金を借りて、敦賀に品物を仕入れに行った帰りのできごと。修多羅供の銭とは寺院運営の基金で、利子をとって貸付もしていたという。思いっきり貨幣経済やないか!

おそらく、都会と田舎は事情が違っていたのだろう。
なにしろこの話、都だったころの奈良の話である。

ここには四天王(持国天・増長天・広目天・多聞天)が描かれている。寺を守るものとされていた。

巻二第一話 父の死に接した釈迦の話
巻2第1話 仏御父浄飯王死給時語 第一今は昔、仏の父である迦毗羅国(かぴらこく。釈迦族の王国)の浄飯王(じょうぼんおう、スッドーダナ王)は年老いて病にかかり、日ごとに重くなって悩み乱れていました。痛みはまるで木の実から油をしぼるように身...

鬼が牛を食うのは、恐ろしいものの証である。当時の日本人に牛肉を食う習慣はなかった。

 

 

巻二十
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほんやくネットをフォローする
スポンサーリンク
今昔物語集 現代語訳

コメント