巻五第二十八話 巨大な魚の王に出会った船乗りの話

巻五

巻5第28話 天竺五百商人於大海値摩竭大魚語 第廿八

今は昔、天竺で五百人の船乗りが宝を求めるために航海していました。梶取(船長)が楼の上の人に問いました。
「なにか見えるか」

楼上の人が答えました。
「太陽がふたつ見えます。白い山が見えます。水が大きな淵に流れ入るように、すさまじい勢いで流れていきます」
梶取は言いました。
「知らないのか。これは、魚の王が来たのだ。ふたつの太陽とは、魚の目だ。白い山に見えるのは、魚の歯だ。水がすさまじい早さで流れていくのは、魚の口に水が入っていくためだ。恐ろしいことだ。おまえたち、五戒をたもち、仏の御名を念じ、この難をのがれろ。船が魚の口に近づいたなら、戻ることはできない。この流れの早さを知れ」

五百人の船乗りは心をひとつにして、仏の御名を称し、観音の御名を唱え、「この難から逃れさせてください」と祈りました。やがて、魚は口を閉じ、海にもぐりました。五百の商人(船乗り)は無事に本国に帰ることができました。

この魚は人に生まれ変わって比丘になり、羅漢果を証した(聖者になった)と語り伝えられています。

【原文】

巻5第28話 天竺五百商人於大海値摩竭大魚語 第廿八
今昔物語集 巻5第28話 天竺五百商人於大海値摩竭大魚語 第廿八 今昔、天竺の人、五百人と共に、宝を求めむが為に、海に浮て渡る間、梶取有て、楼の上に有る人に問て云く、「汝、見るや否や」と。

【翻訳】
西村由紀子
【校正】
西村由紀子・草野真一
【協力】
草野真一

五戒 - Wikipedia

五戒の刻まれた銘版(ネパール、ルンビニ)

巻五第一話 女ばかりの島に流れついた話
巻5第1話 僧迦羅五百人商人共至羅刹国語 今は昔、天竺に僧迦羅という人がいました。五百の商人を乗せて船に乗り南海に進んでいきましたが、にわかに逆風が起こって矢を射るように船を南に運んでいってしましました。やがて船は大きな島に至りまし...
巻五
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほんやくネットをフォローする
スポンサーリンク
今昔物語集 現代語訳

コメント