巻二十第四十話 軽蔑し馬から下りずに施しをした話

巻二十(全)

巻20第40話 義紹院不知化人被返施悔語 第四十

今は昔、義紹院という僧がありました。元興寺(奈良県奈良市)のやんごとなき学生(がくしょう)でした。

あるとき、京から元興寺に行くことがありました。冬だったのでとても寒く、泉川原(泉川、奈良県奈良市)の風がたいへん強く吹いていました。夜立の杜のあたりを通ったとき、墓のかげに、藁薦(藁で編んだ筵)というものを腰に巻き、うつぶせに臥している法師がありました。義紹院はこれを見て、遺体と思い、馬を引いて通り過ぎようとしましたが、よく見ると動いています。義紹院は
「そこに臥しているのは何者か」と問いました。

すると、息もたえだえに「乞丐(かたゐ、乞食)でございます」と答える声がします。
「寒いか」
「こごえかじかんで、何も考えられません」
義紹はあわれんで、着ていた衣一枚を脱ぎ、馬に乗ったまま投げました。衣は乞丐にかかりました。
「これを着るがよい」
乞丐は立ち上がり、顔にかかった衣をとってかなぐり捨て、義紹に投げ返しました。衣は義紹の顔にかかりました。

「何をする」
義紹が言うと、乞丐は答えました。
「人に物を施すなら、馬からおりて一礼して施すべきだ。馬に乗ったまま施されたようなものを、誰が受けるものか」
掻き消えるようにいなくなりました。

義紹は悟りました。
「これは只者ではない。化人(仏神の化身)がいらっしゃったにちがいない」
悲しく思い、急ぎ馬より下りて、投げ返された衣をささげて、乞丐のいたところを泣きながら礼拝しましたが、もはやどうしようもありませんでした。日が暮れるまでるまで思い入り、その場にありましたが、答えはありませんでした。馬を引きながら、十町(約1キロ)ばかりは徒歩で歩いて、悔い悲しみました。
「乞丐であっても蔑んではならない」
後に義紹はそう語ったといいます。

やんごとない智者であっても、このような過ちを犯します。愚痴なる者はなおさらこのようなことがあるでしょう。然れば、乞丐をも敬うべきである。そう語り伝えられています。

平城京の元興寺の模型(奈良市役所、1/1000模型)

【原文】

巻20第40話 義紹院不知化人被返施悔語 第四十
今昔物語集 巻20第40話 義紹院不知化人被返施悔語 第四十 今昔、義紹院と云ふ僧有けり。元興寺の僧とて、止事無き学生也。 其れが京より元興寺に行けるに、冬の此也。泉川原の風、極て気悪く吹て、寒き事限無し。夜立の杜の程に行けるに、墓の隠れに、藁薦と云ふ物を腰に巻て、低(うつぶ)し臥せる法師有り。義紹院、此れを見て...

【翻訳】 草野真一

巻十一第十五話 インドから日本へわたった仏像の話(元興寺の由来)
巻11第15話 聖武天皇始造元興寺語 第十五 今は昔、元明天皇は奈良の都に元興寺を建立しました。堂塔を建て、金堂には□丈の弥勒像を安置しました。この弥勒は日本で造った仏ではありませんでした。 昔、東天竺に生天子国という国があ...
巻二十第二十七話 長屋王の怨霊の話
巻20第27話 長屋親王罸沙弥感現報語 第廿七今は昔、天平元年(神亀六年)二月八日(西暦729年)、聖武天皇は元興寺において大きな法会をひらき、三宝(仏法僧)を供養しました。太政大臣(実際は左大臣)の長屋の親王という人が勅を受け、諸僧を...
巻十一第四話 入唐して三蔵法師の弟子となり唯識をひろめた道照の話
巻11第4話 道照和尚亙唐伝法相還来語 第四今は昔、本朝、天智天皇の御代に、道照和尚という聖人がいらっしゃいました。俗姓は丹氏、河内の国(大阪府)の人です。幼くして出家して、元興寺の僧となりました。智恵は深く心はまっすぐでした。また、道...

【協力】株式会社TENTO

TENTO | 小学生・中学生・高校生向けプログラミング教室
TENTOはオンライン授業を中心とした、子ども向けプログラミング教室です。TENTOでの学習は、プログラミング業務経験者や、ソフトウェアの研究や開発に携わる大学生・大学院生がサポート。開発現場を知り、開発技術を熟知しているからこそ、より現実に沿った、活きたプログラミングの知識を獲得できます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました