巻一第二十九話 戦争と王になった富豪の話

巻一

巻1第29話 波斯匿王阿闍世王合戦語 第廿九

今は昔、天竺に二つの国がありました。舎衛国(しゃえこく、コーサラ国)と摩竭提国(まかたこく、マガダ国)です。舎衛国の王を波斯匿王(はしのくおう、プラセーナジット王)といい、摩竭提国の王を阿闍世王(アジャセ王、アジャータシャトル王)といいました。

摩竭提国(インド、ビハール州)

この二人の王は、仲が悪くなって、合戦をはじめました。両国とも千万の軍を有していました。象に乗る軍、軍馬に乗る軍、徒歩で進む軍、数えきれないほどの兵がありました。それぞれ勇猛な心を起こし、戦法を考えました。

戦いは波斯匿王の軍が陣を破られ、負けました。三度戦いましたが、常に波斯匿王が敗れ波斯匿王は王宮に戻り、かぎりなく歎き悲しみました。昼は物を食わず、夜は眠りませんでした。

富豪の須達(すだつ、スダッタ)長者は、王が歎いていることを聞き、王宮に参りました。
「私が聞いたところによれば、我が国の軍は力を励まし心を発して戦っても、兵の数が的に劣っているために、いつも敗れてしまうそうです。されば須達はこのように思います。私のたくさんの倉に、多くの財宝を積み上げてあります。その財宝をことごとく取り出して。軍に与え、合戦を始めなさい。この話は隣国まで聞こえ、自然と多くの兵が集まります。兵の数で圧倒すれば、摩竭提国の軍がどんなに勇猛だったとしても、対抗することはできないでしょう」
波斯匿王はこれを聞くとおおいに喜びました。須達の家に使者を派遣し、多くの財宝を軍に与えました。この話は隣国にまで聞こえ、多くの兵が雲のように集りました。

合戦がはじまると、摩竭提国の阿闍世王は多くの軍をひきいて戦いました。舎衛国の軍は、武く強き者をえらんでひとつの陣とし、次の者を背後に用意して、次々の陣をつくりました。このようにして戦ったがゆえに、兵の数も武き事も劣った摩竭提国の陣は破られ、阿闍世王が捕らえられました。舎衛国の兵によって、波斯匿王の陣の内に連行されました。波斯匿王はおおいに喜びました。

阿闍世王を召し寄せ、飛車(空飛ぶ車)に乗せ、仏の御許に参り、申し上げました。
「阿闍世王は敵国の王ですから、従来なら首を落とします。しかし、讐に恩をもって報いることこそ、よき政(まつりごと)です。王は殺しません」
「善哉(よきかな)、々々」
仏は王を讃(ほめ)めました。
「王よ、よくそう思った。讐は徳をもって報ずれば、その後の讐はない。たとえ、三世(過去・現在・未来)に恨みをもつようなことであっても、恩で報いたなら。讐の心を抱く者はない。王はこの心をよく知り、敵の阿闍世王にあわれみの心を持ち、帰し遣ろうとしている。とても賢いことだ」

波斯匿王は阿闍世王を許し、放免しました。阿闍世王は「首をとられる」と覚悟していたところを許されましたから、以降は讐の心がなくなり、波斯匿王に恩を抱きました。これは隣の国々にまで伝え広がりましたから、波斯匿王をおろそかにする者はありませんでした。

波斯匿王は須達を召して言いました。
「この合戦に勝ったのは、長者の恩である。すみやかに望むものを言いなさい。乞われたとおりに応じよう」
須達は、膝を地につけ、両手を並べて、地に伏し、言いました。
「かたじけないお言葉ありがたく思います。私を七日間、この国の王にしてください。王よ、許してください」

仏陀と須達

これを聞くと、王は宣旨を下しました。
「須達を七日間、舎衛国の王とする。国への御貢物(税など)は、すべて須達の家に送るべし。国の大小のことは、須達の命にしたがうように」
国を挙げて須達の宣旨に随うようになりました。風になびく草木のようでした。

須達は宣旨を下しました。皷を打ち法螺貝を吹いて言いました。
「身分の高い人も低い人も、国内の人はみな仏を供養し、戒を持(たも)つように」
以降、舎衛国は国をあげて仏を供養し、戒を持つようになりました。その後、七日たったので、位を波斯匿王に返しました。須達は仏の教えの功徳を人に勧めるために、七日間国王となることを願い、王位についたのです。

ヒンズー教の儀式で法螺貝を吹くインドの祭司

仏は言いました。
「須達は七日間、国王となり、功徳を多くの人に勧めた。来世はかならず仏となり、無数の生きとし生ける者を導くだろう」

巻四第二話 失われた美味の話
巻4第2話 波斯匿王請羅睺羅語 第二 今は昔、天竺。仏が涅槃に入った後のことです。波斯匿王(はしのくおう、プラセーナジット王)は羅睺羅(らごら、ラーフラ。釈尊の息子にして弟子)を招き、百味の飲食で歓待しました。大王と后は、自ら手に取って食...

【原文】

巻1第29話 波斯匿王阿闍世王合戦語 第廿九
今昔物語集 巻1第29話 波斯匿王阿闍世王合戦語 第廿九 今昔、天竺に二の国有り。一をば舎衛国と云ふ。一をば摩竭提国と云ふ。舎衛国の王をば波斯匿王と云ひ、摩竭提国の王をば阿闍世王と云ふ。

【翻訳】
草野真一

【解説】
草野真一

須達はのちに、その財力をもって波斯匿王の王子、祇陀から土地を譲り受け、舎衛国内に仏陀の一大拠点・祇園精舎を建設する。この話はその因縁譚ととることも可能だろう。

祇園精舎(2006年、インド、ウッタル・プラデーシュ州)

摩竭提国もまた、仏教を厚く保護した。祇園精舎とともに仏陀が拠点とした竹林精舎や霊鷲山は摩竭提国内にある。

巻一
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほんやくネットをフォローする
スポンサーリンク
今昔物語集 現代語訳

コメント