巻一第三十八話 目と手足を失った盗賊たちの話

巻一

巻1第38話 舎衛国五百群賊語 第卅八

今は昔、天竺の舎衛国(しゃえこく、コーサラ国)に五百人の盗賊がおりました。波斯匿王(はしのくおう、プラセーナジット王)は盗賊たちをみな捕らえ、重い咎(刑)を課しました。両目をえぐり、手足を切断して、高禅山という山のふもとに追い払ったのです。

ブッダを訪問するプラセーナジット王 紀元前二世紀、インド博物館(コルカタ)

盗賊たちは思いました。
「私たちは目がなく、手足がない。しかし命は絶えていないから、飢餓の苦しみが堪えがたい。どうやって食物を得たらいいのか」
ある者が嘆き悲しんで言いました。
「私たち五百人は、今や人に非ざる者になってしまった。割れた器のようなものだ。現世ではこうして片輪者となり、辛苦悩乱している。来世もまた、三悪道(地獄・餓鬼・畜生)に生まれ、苦を受ける事は疑いない。足があったなら、仏の御許に詣で、救いを求めることもできるだろう。手があったなら、合掌して礼拝することもできるだろう。目があったなら、仏の姿を見ることもできただろう。しかし私たちにはそれができない。現世もそして来世も、無為に過ごし、苦しみ続けなければならないのだ」
おのおのが嘆き悲しんでいるとき、盗賊のひとりが悟って言いました。
「仏が世に生まれたのは、一切衆生の苦を除き、救うためだという。私たちは異口同音に仏の御名を唱え、『苦からお救いください』と祈ろう」

盗賊のひとりが答えました。
「以前、目が明らかで、手足を自由に動かすことができたとき、私たちは仏を礼拝せず、法を聞かず、僧を敬わなかった。三宝(仏法僧)の物もはばかることなく盗んだ。今さら助けてくださることはないだろう」
別の盗賊が言いました。
「仏は平等にわけへだてなく慈悲の心を持っているという。親が子を愛するように、あわれんでくださるという。たとえ以前、三宝の物を犯したとしても、それを悔いているならば、どうして利益(りやく)を与えてくださらないことがあるだろう。仏の御名を唱えつづけ、利生に預かろう」
五百人は異口同音に声をあげ、「南無釈迦牟尼仏。私たちを苦からお救いください」と言い続けました。

インド、サールナート考古博物館

そのとき、声に応じて、仏は高禅山のふもとに至り、光を放ちました。五百人の盗賊たちを照らされ、同時に目が開き、手足がはえ、以前と同じ十全の身となり、仏を礼拝恭敬しました。さらに、全員が羅漢果を証し(聖者となり)、御弟子となりました。彼らは霊鷲山の五百羅漢と呼ばれるようになりました。

霊鷲山(インド、ビハール州)

逆罪を犯した者でさえ、仏を念じれば、利益(りやく)を得ることができます。いわんや善心を備えた者が、心を至して仏を念じ奉るならば、それがむなしく終わることがあるでしょうか。目を失った者が目を生じ、手足を失った者が手足を生じたことさえ貴いことであるのに、みなが羅漢果を証し、仏の御弟子となることができたのです。そう語り伝えられています。

【原文】

巻1第38話 舎衛国五百群賊語 第卅八
今昔物語集 巻1第38話 舎衛国五百群賊語 第卅八 今昔、天竺の舎衛国に五百の群賊有り。重き咎有て、波斯匿王、此の軍賊を皆捕へて、各目を捿(くじ)り、手足を切て、高禅山と云ふ山の挾(はざま)に追ひ棄たり。

【翻訳】
草野真一

【解説】
草野真一

釈尊の重要な弟子が五百人あったという伝承に基づいている。いわゆる五百羅漢の創成秘話である。

五百羅漢像 方広寺(静岡県浜松市) 自分に似ている像が必ずみつかるという言い伝えがある

大般涅槃経』にある話。

釈尊が入滅した後、その教えを経典にまとめる作業(結集)も五百羅漢が本拠とする霊鷲山でおこなわれた。

巻四第一話 はじめての結集、阿難が批判された話
巻4第1話 阿難入法集堂語 第一 昔、天竺で、仏が涅槃に入った後、迦葉(大迦葉、だいかしょう、マハーカッサパ)尊者を上座として、千人の羅漢(聖者)が集まり大小乗の経の結集をおこないました。 阿難(あなん、アーナンダ。釈迦の身...

五百という数字は『今昔物語集』に頻出するが、じっさいに数が五百ということではなく、「たくさんの」という意味で使われていることが多い。

巻五第一話 女ばかりの島に流れついた話
巻5第1話 僧迦羅五百人商人共至羅刹国語 今は昔、天竺に僧迦羅という人がいました。五百の商人を乗せて船に乗り南海に進んでいきましたが、にわかに逆風が起こって矢を射るように船を南に運んでいってしましました。やがて船は大きな島に至りまし...
巻五第十一話 小僧の血が五百の旅人を救った話
巻5第11話 五百人商人通山餓水語 第十一今は昔、天竺に五百人の商人があり、商用で他国に行く途中にある山を通りました。かれらは一人の小僧(沙弥、しゃみ、年少の僧)を連れていました。間違った方向に足をすすめ、山深い場所に迷い込んでしまいま...
巻五第十二話 五百人の皇子、国王の行幸中に皆そろって出家してしまう話
巻5第12話 五百皇子国王御行皆忽出家語 第十二今は昔、天竺に国王がありました。五百人の皇子を持っていました。あるときの行幸のことです。国王は五百人の皇子を前に立たせて進んでいくと、たまたま一人の比丘(僧侶)が、琴を弾きながら皇子たちの...
巻四第十一話 打たれた児と南海のコウモリの話
巻4第11話 天竺羅漢比丘値山人打子語 第十一 今は昔、天竺に羅漢(聖者)の僧がありました。ある日、羅漢はひとりの山人(木こりなどして山で生活する人)と出会いました。山人は幼い童子をつれていて、ムチで打ち、哭(な)かせていました。 羅漢...

五百とは数えるにはちょっとしんどい数字であるし、五百人収容のライブハウスとか劇場といえばけっこうな規模である。満員にできるなら、その興業はまちがいなく成功だろうし、それが可能なバンドや劇団は人気があるといっていいだろう。
知らない人も多いかもしれないが、三十人で満員御礼になっちゃうようなハコ、たくさんあるんだよ。そこを満員にできないバンドも劇団もいっぱいある。一回は親戚や友達を集めればなんとかなるかもしれない。だが、数回となればどうしたって人気が必要なんだ。

巻一第三十一話 祇園精舎をつくった話
巻1第31話 須達長者造祇薗精舎語 第卅一今は昔、天竺の舎衛国(しゃえこく、コーサラ国)に一人の長者(富裕な人)がおりました。名を須達(すだつ、スダッタ)といいます。彼は一生の間に、七度富貴を体験し、七度貧窮に苦しみました。七度目の貧は、...
巻一第二十九話 戦争と王になった富豪の話
巻1第29話 波斯匿王阿闍世王合戦語 第廿九 今は昔、天竺に二つの国がありました。舎衛国(しゃえこく、コーサラ国)と摩竭提国(まかたこく、マガダ国)です。舎衛国の王を波斯匿王(はしのくおう、プラセーナジット王)といい、摩竭提国の王を阿闍世...
巻四第二話 失われた美味の話
巻4第2話 波斯匿王請羅睺羅語 第二 今は昔、天竺。仏が涅槃に入った後のことです。波斯匿王(はしのくおう、プラセーナジット王)は羅睺羅(らごら、ラーフラ。釈尊の息子にして弟子)を招き、百味の飲食で歓待しました。大王と后は、自ら手に取って食...

(巻一 了)

巻一
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほんやくネットをフォローする
スポンサーリンク
今昔物語集 現代語訳

コメント