巻一第三十話 蟻を救うため命を捨てた帝釈天の話

巻一

巻1第30話 帝釈与修羅合戦語 第三十

今は昔、帝釈天(インドラ)の妻は、舎脂夫人(しゃしふじん、シャチー)といい、羅睺阿修羅王(らごあしゅらおう)の娘でした。父の阿修羅王は舎脂夫人を取り戻すため、常に帝釈と戦っていました。

阿修羅像(奈良時代)興福寺 国宝

あるとき、帝釈天が戦に負けて敗走し、阿修羅王が追いかけていくことがありました。帝釈天は須弥山(しゅみせん、世界そのものを表す)の北面から逃げました。その道に、多くのアリが列を成して歩いていきます。帝釈天はそれを見て言いました。
「私がここで逃げるのをやめれば、阿修羅に討たれて命を落とすだろう。しかし、戒は破るまい。私がここで逃げて行ったなら、多くの蟻を踏み殺すことになる。戒を破れば、善所に生まれかわることはできない。仏道を成ずる事もできないだろう」
帝釈天は立ち止まりました。

帝釈天半跏像(平安時代)東寺 国宝 下図と同様に象に乗っている

阿修羅王は攻め来ましたが、帝釈天が立ち止まったのを見て思いました。
「帝釈は多くの援軍を得たにちがいない。その援軍とともに、私を責め殺すつもりだ」
阿修羅王は逃げ帰り、蓮の穴に籠もりました。帝釈天は敗走していたのですが、「蟻を殺してはならない」と思ったために、かえって戦に勝利することになったのです。

「戒を持(たも)つことは、三悪道(畜生・餓鬼・地獄の世界)に落ちず、急難を逃れる道となる」
仏がそう説いたと語り伝えられています。

巻五第七話 生きている息子の肉を食べて生き残る王の話
巻5第7話 波羅奈国羅睺大臣擬罸国王語 第七 今は昔、天竺の波羅奈国(ヴァーラーナシー)に大王がおりました。寝ている間に王宮の守護神がやってきて、「羅睺(らご)大臣が王位を奪う為に大王を殺させようとしている。すぐに国の外へ出てお逃げなさい...
巻一第十八話② 天国と地獄で美人を見た話
(①より続く) 難陀は「妻のところに帰りたい」という気持ちを捨てきれませんでした。 仏が外出しているすきに出ていこうと考え、扉に近づくと、扉はたちまち閉まり、また別の扉が開きました。開いている扉から出ようとすると、今度はその扉が閉まり、...

【原文】

巻1第30話 帝釈与修羅合戦語 第三十
今昔物語集 巻1第30話 帝釈与修羅合戦語 第三十 今昔、帝釈の御妻は、舎脂夫人と云ふ。羅睺阿修羅王の娘也。父の阿修羅王、舎脂夫人を取むが為に、常に帝釈と合戦す。 或時に、帝釈、既に負て、返り給ふ時に、阿修羅王、追て行く。須弥山の北面より、帝釈、逃げ給ふ。其の道に多の蟻遥に這出たり。帝釈、其の蟻を見て云く、「我れ...

【翻訳】
草野真一

【解説】
草野真一

帝釈天が守ったのは、不殺生戒である。ここでは蟻を殺してはならないとされている。

もちろん魚も獣も殺してはならないんだが、うまそうに肉をほおばる坊主にしか会ったことはない。二十八話の不飲酒戒に続く不幸です。

阿修羅と帝釈天は常に争っているとされており、光瀬龍・荻尾望都のSF大傑作『百億の昼と千億の夜』ではこのありさまが印象的に描かれていた。

宮沢賢治の詩集のタイトルも、常に闘争する者=阿修羅(修羅)に自己を仮託したものだ。タイトルになった詩は……こういうと批判もありそうだが……ムチャカッコいい。

宮沢賢治 『春と修羅』

「修羅」語は熱心な法華信者だった賢治が常に読誦していた法華経にもある。

賢治が身体を壊したとき、健康の回復を願った母親は鯉をオブラートに包んで薬と偽って飲ませたそうだ。賢治はそれを知り涙を流したという。むろん、不殺生戒を犯したことを悔いたのだ。

帝釈天(インドラ)と妻である阿修羅の娘シャチーの話は、仏教ばかりでなくバラモン/ヒンズー教にも伝わる古代インドの神話である。

アイラーヴァタ(4本の牙と7つの鼻を持つ白象)の上に乗る左がシャチー、右がインドラ

巻一
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほんやくネットをフォローする
スポンサーリンク
今昔物語集 現代語訳

コメント