巻二十第十五話 牛を殺し地獄に堕ち蘇生した男の話

巻二十

巻20第15話 摂津国殺牛人依放生力従冥途還語 第十五

今は昔、摂津国の東生の郡(大阪市東成区)撫凹(なくぼ)の村に住む人がありました。家は大いに富み、財豊かでした。

あるとき、その人は神のたたりを負いました。たたりを避けるため、毎年一頭ずつ牛を殺して祈り祀りました。期限は七年と決まっていたため、合計で七頭の牛を殺しました。
七年経ち、祭祀を終えた後に、その人は重病にかかりました。その後七年医師にかかりましたが、治すことはできませんでした。陰陽師にたのんで祈祷してもらっても治りませんでした。病はいよいよ重くなり、姿かたちも衰えて、まさに命を落とそうとしていました。

病んだ人は心の中で思いました。
「私が重い病を負い、辛苦悩乱するのは、年来牛を殺してきた罪によるものだろう」
とても悔い悲しみ、月ごとの六節日(精進すべき六斎の戒日)には、欠かさず戒を受けました。また、方々に使いを出して、多くの生き物を買い取り、逃がしてやりました(放生)。

七年たって、彼は亡くなりました。死の瞬間、思うことがあったのかもしれません。妻子に言い遺しました。
「私が死んだ後、すぐに葬ってはならない。九日間そのまま置いておけ」
妻子が遺言のとおりに葬らずにいると、九日めに生き返りました。

「死んだとき、頭は牛で身は人の者が七人やってきた。彼らは私の髪に縄をつけ、私を捕らえ、立ちかこんで進んでいくと、目前に堂々とした楼閣があった。『これは何の宮ですか』とたずねたが、七人は目をいからして私をにらむばかりでなにも言わない。門の内に入ると、気品あるやんごとなき人が出てきて、七人を集めて言った。
『これは、おまえたち七人を殺した男である』
七人は俎(まないた)と刀を持って言った。
『膾(なます)に刻み、おまえを食ってやろう。おまえはおれたちを殺したカタキだ』

「そのとき、別の方角から千万の人があらわれた。彼らは、私を縛った縄を解いて言った。
『この人はたたる鬼を祭るために牛を殺したのだ。この人の咎(とが)ではない。いわば、鬼神の咎である』
七人の牛頭の者と、千万の人とが、それぞれ私の咎の有無をめぐって訴えあった。まるで火と水のように対立していた。閻魔王はことの理非を判断することができなかった。

地獄の法廷を描いた中国の仏画

七人の者はさらに強く言った。
『この男は、われわれの四本の足を切って、廟に祭ったのです。わたしたちがこの男を得て、膾に刻もうというのはそのせいです』
すると、千万の人が閻魔王に訴えた。
『私たちはそれをよく知っています。しかし、それはこの人の咎ではありません。鬼神の咎です』
閻魔王は決めかねて、『明日あらためて参れ。判断を下す』と言って、それぞれを帰した。

九日め、それぞれが王のもとに集まり、同じ訴えをした。王は言った。
『人数の多い方の意見が正しいと決めた』
王は、千万の人の方を理と定めた。これを聞くと、七人の者は舌嘗(したなめづり)をして、唾を呑み、膾をつくり食べる効(まね)をして、くやしがった。
『怨みを晴らせないことが、かぎりなく残念だ。私たちは絶対に忘れない。必ず復讐してやる』
そう言って去っていった。千万の人は、私を敬い、とりかこみ、閻魔王の宮を出て、私を輿に乗せてくれた。

私はそのとき聞いた。
『あなたたちは誰ですか。なぜ私を助けてくれるのですか』
『私たちは、あなたが買い取って逃がしてくれた生き物です。そのときの恩を今おかえししているのです』」

その後、その人はより厚い信仰の心を発し、鬼神を崇めず、深く仏法を信じました。家を寺とし、仏像を安置し、法を修行しました。また、いよいよ熱心に放生(生き物を買い取って逃がす)を行じ、怠ることがありませんでした。「那天宮(なてんぐう)」と呼ばれました。ぞ云ける。病に伏せることなく、九十余歳で亡くなったといいます。

放生は心ある人が専らに行うべきことであると語り伝えられています。

【原文】

巻20第15話 摂津国殺牛人依放生力従冥途還語 第十五
今昔物語集 巻20第15話 摂津国殺牛人依放生力従冥途還語 第十五 今昔、摂津国の東生の郡撫凹(なくぼ)の村と云ふ所に住む人有けり。家、大きに富て、財豊か也けり。 而る間、其の人、神の祟を負て、「其の事を遁れむ」と祈り祭ける程に、年毎に一の牛を殺ければ、七年を限て祭けるに、七頭の牛を殺してけり。七年既に祭り畢て後...

【翻訳】
草野真一

【解説】
草野真一

日本霊異記』中巻より得た話。ここでは「神のたたり」と表現しているが、『霊異記』は「漢神祟」としており、道教のような大陸由来の宗教だったことがわかる。

興福寺本『日本霊異記』

巻四第四十一話 子を失った父親があの世に行った話
巻4第41話 恋子至閻魔王宮人語 第四十一 今は昔、天竺に比丘(僧)がありました。「羅漢(聖人)になろう」と思い修行していましたが、六十歳になっても羅漢になることができませんでした。とても歎き悲しみましたが、ついに力がおよびませんでした。...
巻七第二話 死者の右手が光を放ち、蘇生した話
巻7第2話 唐高宗代書生書写大般若経語 第二 (巻七第二話 閻魔大王の裁きを待つ書記生の右手が写経の功徳で大光明を放ち、蘇生を許された話) 今は昔、震旦の唐の高宗の治世、乾封元年に、ひとりの書生がおりました。重病にかかってたちまち絶命し...
巻二十第四十五話 小野篁、右大臣の良相を蘇生させる
巻20第45話 小野篁依情助西三条大臣語 今は昔、小野篁(おののたかむら)という人がいました。 まだ学生の身分だったとき、あることで朝廷が篁を処罰したのですが、当時、西三条大臣(にしさんじょうのおとど)・良相(よしみ、藤原良相・冬嗣の五...
ウソ、不倫、暴飲……そんな心当たりのある人必読! いざというときに役立つ(かもしれない) 講談社 今日のおすすめ
なぜ、人は地獄に惹かれるのか。その正体を探ってみると、地獄は「暴力」と「エロス」の欲動に満ちた世界だった。では地獄はどこにあり閻魔とはいったい誰なのか。地獄のガイドブック決定版登場。
巻二十
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほんやくネットをフォローする
スポンサーリンク
今昔物語集 現代語訳

コメント