巻二十九第十話 伯耆の国府の蔵に入った盗人が殺される話

巻二十九

巻29第10話 伯耆国府蔵入盗人被殺語 第十

今は昔、伯耆守(ほうきのかみ・現在の鳥取県中西部の国司)橘経国(たちばなのつねくに)という人がいました。
この人が伯耆守であった当時、世の中がひどい凶作で、まったく食べる物のない年がありました。

ところで、国府(こくふ・国司の役所で今でいう県庁)のそばに□□院という蔵がありました。
その蔵の物はすべて取り出して使ってしまい、何も残っていませんでしたが、ある人が蔵のそばを通っていると、蔵の中で叩く者がいます。
「誰が叩いているのだ」と聞けば、蔵の中で、「盗人です。このことをすぐ国司様に申し上げてください。この蔵に乾飯(ほしいい・炊いた米飯を乾燥させた保存食)があったのを見て、『少しばかり盗んで命をつなごう』と思い、蔵の上に登って屋根に穴を開け、乾飯のある所に飛び降りようと手を離して中へ飛び降りたところ、乾飯もなく、からっぽだったので、この四、五日、這い上がろうにも這い上がれず、今にも飢え死にしそうです。どうせ死ぬなら、外に出て死にたいのです」と言います。

外の人はこれを聞き、「驚いたことだ」と守にこれを報せると、直ちに国府の役人を呼び、蔵を開けさせて調べました。
見ると、年は四十ほどの男で威風堂々とし、水干装束をきちんと身に着けた、真っ青な顔の男が引き出されてきました。

水干装束

人びとはこれを見て、「取るに足らぬ微罪です。すみやかに追放なされませ」と言いましたが、守は、「そういうわけにもいかぬ。後々の聞こえもある」と言って、蔵のそばに磔台を作って、はりつけにしました。

それにしても、自分から進んで白状したやつだから、放免すべきであるのに、ひどいことをしたものだ、と人々は非難しました。

この男の顔を見知った人は一人もいないままに終わった、とこう語り伝えているということです。

【原文】

巻29第10話 伯耆国府蔵入盗人被殺語 第十
今昔物語集 巻29第10話 伯耆国府蔵入盗人被殺語 第十 今昔、伯耆の守橘の経国と云ふ人有けり。其の人の伯耆の守にて有ける時、世の中極く辛くて、食物無き年有けり。 其れに、国府の傍に院と云ふ蔵共有り。蔵の物共は皆下し畢て、物も無かりける時に、人の蔵の辺を過けるに、蔵の内に叩く者有り。「何の叩くぞ」と聞ければ、蔵の...

【翻訳】
柳瀬照美
【校正】
柳瀬照美・草野真一
【協力】
草野真一
【解説】
柳瀬照美

地方官である国司が赴任する諸国は、面積・人口・産物などによって、大国・上国・中国・下国の四階級に分けられており、伯耆国は上国であった。
大飢饉のとき、国府の蔵に何も無かったのは、飢えた民たちに放出したわけではなく、巻28第5話で六衛府官人の官給の米を支給できなかった言いわけに越前守為盛が「少し徴収し得た米は朝廷へ差し出し」と言っているのと同様のことが行われたのだろう。定められた分の税を納めたので、橘経国は国司を再任されている。

巻二十八第五話 越前守為盛の六衛府の官人への言いわけ
巻28第5話 越前守為盛付六衛府官人語 第五今は昔、藤原為盛朝臣(ふじわらのためもりのあそん)という人がいました。越前守(えちぜんのかみ・現在の福井県東部の国司)であったとき、六衛府の下級役人に支給すべき大粮米(だいろうのよね・官給の米...

飢えて出来心で盗みに入り、何もとらなかった男を磔刑にするのは、伯耆の役人や人びとが言うように、あまりにも惨く罰が重すぎる。
都人である受領国司は、そのほとんどが地方を収奪の対象としてしか見ていなかった。
国司の経国にとって、盗人を死罪とすることは、地元の人びとへの見せしめの意味もあっただろう。
だが、長和4年(1015)に同じく上国の尾張国司に任じられた橘経国は、翌年8月に入京した尾張国の郡司・百姓によってその苛政を朝廷へ訴えられている。
「のちの聞こえあり」と、評判を気にして周囲が止めるのも聞かず微罪の男を死刑とした経国は、今度は糾弾される側となり、後世に残る自分の悪評をどう思っただろうか。


〈『今昔物語集』関連説話〉
受領について:巻28「信濃守藤原陳忠御坂に落ち入る語第三十八」


【参考文献】
小学館 日本古典文学全集24『今昔物語集四』日本の歴史 第06巻『道長と宮廷社会』大津透著、講談社

巻十七第十五話 夢のお告げで伯耆大山に向かった貧しい僧の話
巻17第15話 依地蔵示従愛宕護移伯耆大山僧語 第十五 今は昔、愛宕護(あたご)の山に一人の僧が住んでいました。名を蔵算といい、仁和寺の池上(地名)の平救阿闍梨(へいきゅうあじゃり、阿闍梨は高位の僧の意)の弟子でした。 蔵算...
巻二十九
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほんやくネットをフォローする
スポンサーリンク
今昔物語集 現代語訳

コメント