巻一第二十七話 行くところのない老人の話

巻一

巻1第27話 翁詣仏所出家語 第廿七

今は昔、天竺に老人がありました。半生を貧しく過ごし、塵ほどの貯えもありませんでした。妻子や親族は彼を見捨て、残された人生をともに送ろうという者はありませんでした。

老人は歎き悲しみ、考えました。
「私は家業を営んでいたが、貧しく貯えもない。出家して、仏弟子となろう」
祇園精舎に赴き、舎利弗(しゃりほつ、サーリプッタ)に面会して言いました。
「出家して、戒を受けたいと思います」
舎利弗は言いました。
「すこし待ちなさい。あなたが出家の業があるかどうか、禅定して見てみます」
彼は三日間、定に入り、定より出て言いました。
「あなたの過去の八万劫を見てみましたが、出家の業は見つかりませんでした。たったひとつの善根も見つかりません。出家を許すことはできません」
舎利弗は彼を追い出しました。

現在の祇園精舎(インド、ウッタル・プラデーシュ州シュラーヴァスティー県)

老人は目連(もくれん、モッガラーナ)のもとに行き「出家したい」と言いました。同じように「出家の善根がない」と言われ、追い出されました。続いて富楼那(ふるな、プールナ)・須菩提(すぼだい、スブーティ)のところに行きましたが、やはり認めてもらえませんでした。
五百の弟子はすべて、あるいは杖で打ち、あるいは石を投げて老人を追い払い、出家を許しませんでした。
老人は祇園精舎の門で悲嘆のあまり涙を流しました。

そのとき、仏(釈尊)がこれをごらんになっていました。門に出て、老人に問いました。
「おまえはどうして泣いているのだ。なにか願いがあるのか。かなえてあげよう」
老人は答えました。
「私は塵ほどの貯えもできずに生きてきました。衣食にさえ事欠いていました。妻子も親族も私を捨て去りました。そこで、出家して仏の御弟子となろうと思い、この精舎にやってきたのです。ところが、舎利弗・目連をはじめ、五百の御弟子たちはみな、私に出家の業がないと言い、出家させてくれませんでした。それゆえに、この門で泣いていたのです」

仏は老人に近づき、金色の御手をもって老人の頭をなでて言いました。
「私が願を発し、仏となったのは、おまえのような者を救うためだ。おまえの本懐をとげてあげよう」
仏は老人をつれて、祇園精舎の内に入りました。

まず、舎利弗を呼んで言いました。
「この老人を出家させなさい」
舎利弗は答えました。
「この老人の過去の八万劫を見て、出家の善根を探しましたが、見つかりませんでした。いったい仏は、どうやってこの老人に出家を許すのですか」
「かまわぬ、出家させよ」

舎利弗尊者は仏の教えに随い、老人を出家させ、戒を授けました。
「人々の現在は、みな前世の業因によって決まります。老人の過去をさかのぼっても、善根は見つかりませんでした。なぜ老人に出家を許したのですか」
仏は説きました。
「よく聞け。老人は過去、八万劫の土地を塵とくだき、そのひとつを一劫に数えたよりさらに以前、人と生まれ、猟師をしていた。『鹿を射よう』として待っている間、虎があらわれて食われそうになった。猟師は虎の難をさけるため、ただ一度、『南無仏』と念じた。この老人には、その善根が朽ちずある。出家を許したのはそれゆえだ。おまえは八万劫しか見なかったために、それを知らなかった。出家を許せなかった」

敦煌で発見された金剛般若経、咸通9年(868年)刊刻

舎利弗は答えることができませんでした。老人は出家の功徳によって、たちまちに羅漢果を証した(聖者となった)と語り伝えられています。

【原文】

巻1第27話 翁詣仏所出家語 第廿七
今昔物語集 巻1第27話 翁詣仏所出家語 第廿七 今昔、天竺に一人の翁有り。家貧くして、世を過すに、一塵の貯へ無し。然ば、妻子・眷属も皆捨て、随へる者一人無し。 翁、歎き悲て、自ら思ふ様、「我れ、家業を営むに、貧くして貯へ無し。如かじ、出家して、仏弟子と成む」と思て、忽に祇薗精舎に詣て、先づ舎利弗に遇て云く、「自...

【翻訳】
草野真一

【解説】
草野真一

誰にも必要とされない老人の話。現代にも通じるテーマだ。

巻一第九話 舎利弗の超能力合戦
巻1第9話 舎利弗与外道術競語 第九 今は昔、釈迦如来の弟子・舎利弗(しゃりほつ/シャーリプトラ/サーリプッタ)尊者は、外道(仏教以外の教えを奉ずる者)の子でした。母の胎内にあるうちから智恵があり、母の腹を破って出てこようとしました。母は...
巻一第二十六話 百二十歳の老人が仏弟子となった話
巻1第26話 歳至百廿始出家人語 第廿六 今は昔、天竺に一人の人がありました。百二十歳になってはじめて道心を発し、仏の御前に詣でて、出家し弟子となりました。この沙門(しゃもん、僧)は新入の弟子ですから、五百の(非常に多くの)先輩弟子は、こ...
巻一
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほんやくネットをフォローする
スポンサーリンク
今昔物語集 現代語訳

コメント