巻二十第二十話 牛となって生前の借りをかえした話

巻二十

巻20第20話 延興寺僧恵勝依悪業受牛身語 第二十

今は昔、延興寺という寺がありました。その寺に、恵勝という僧がおりました。長く寺に住む間に、寺の風呂に使う薪一束を人に与えたことがありました。その後、恵勝はこれを償うことなく亡くなりました。

寺の近辺に、一頭の雌牛がありました。雌牛は一頭の子牛を産みました。子牛は成長すると、薪を積んだ車をひき、寺の境内に入っていきました。

見知らぬ僧が寺の門にあり、この子牛を見て言いました。
「恵勝法師は生きているとき、明暮に涅槃経を読んでいた。今こうして車を引くとは、あわれなことだ」
子牛はこれを聞くと涙を流し、倒れて死にました。

子牛の持ち主はこれを見て大いに怒り、その見知らぬ僧をののしりました。
「おまえがこの牛を呪い殺したのだ」
僧を捕らえ、公の場(朝廷)につれて行って、これを申し立てました。公はわけを問おうと僧を召しました。僧の形やありさまは端正で、ただの人とは思えませんでした。驚き怪しみ、咎(とが)を行うことを恐れました。浄き所に僧をすえ、腕のよい絵師たちを召し命じました。
「この僧の形やありさま、端正さは、この世のものとは思えない。この形をしっかり描いておけ」

絵師は宣旨を奉(うけたまわ)り、それぞれが筆をふるい、書写して持参しました。公(天皇)がこれを見ると、もとの僧ではなく、みな観音の絵になっていました。そのとき、僧は掻き消えるようにいなくなりました。


公は驚き大いに恐れました。恵勝が牛となったことを知らせるために、観音が僧の形となって現れたのです。牛の持ち主は、これを知らずに僧に咎を行おうとしたのです。持ち主はこれをことを悔い、悲しみました。

このことをもって知るべきです。一塵の物であっても、借用したものは返却しなければなりません。返さずに死ねば、必ず畜生となり、これを償わなければなりません。そう語り伝えられています。

【原文】

巻20第20話 延興寺僧恵勝依悪業受牛身語 第二十
今昔物語集 巻20第20話 延興寺僧恵勝依悪業受牛身語 第二十 今昔、延興寺と云ふ寺有り。其の寺に、恵勝と云ふ僧住けり。年来此の寺に住む間に、寺の温室分の薪一束を取て、人に与へたりけるに、其の後、償ふ事無くて、恵勝、死にけり。

【翻訳】 草野真一

【解説】 草野真一

ものを返さずに死ぬと動物に生まれ変わっちゃうよ。寺院は(悪い言い方をすると)金融業やってたので、それとの関連もあるのかも。

巻二十第十九話 地獄の鬼に賄賂をおくった話
巻20第19話 橘磐島賂使不至冥途語 第十九今は昔、橘の磐島という者がありました。聖武天皇の御代、奈良の都の人でした。大安寺の西の郷に住んでいました。大安寺の修多羅供(しゅたらく、寺院運営の基金)の銭四十貫を借り、越前の国(福井県)敦...

絹本著色悲母観音像(狩野芳崖 明治21年 東京芸術大学)

巻二十
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほんやくネットをフォローする
スポンサーリンク
今昔物語集 現代語訳

コメント