巻二十五第八話 源頼親、清原致信を討つ(欠話)

巻二十五

巻25第8話 源頼親朝臣令罸清原□□語 第八(欠文)

【解説】 柳瀬照美

本話は、表題だけをとどめる本文欠話。
表題から推測すると、寛仁元年(1017)3月8日、源頼親(みなもとのよりちか)が郎等に命じて、前大宰少監・清原致信(きよはらのむねのぶ)を殺害させた事件を伝えた話。

源頼親は、清和源氏・源満仲の次男で、源頼光の異母弟。
母は藤原致忠の娘で道長の家司・藤原保昌の異母姉妹だったので、保昌の甥にあたる。
兄・頼光と同じく藤原道長に奉仕し、検非違使、左兵衛尉、左衛門尉を務め、大和守・周防守・淡路守・信濃守・伊勢守を歴任した。
最終官位は、正四位下。

頼親は若い頃から武人として名を挙げており、正暦3年(994)に、叔父・満政、弟・頼信、平維将らと共に官職と無関係に「武勇人」として盗賊の追捕のため、動員されている。また、長徳2年(996)、5月の伊周・隆家配流における内裏警護でも、兄の頼光や平氏の武将たちと共に召集を受けている。
長兄の頼光が父から摂津国多田を受け継いだ一方で、頼親は同じ摂津国豊島郡の所領を継ぎ、地盤としていたが、そこは兄の所領と近く、大きく発展することは難しかった。
そこで頼親は独自の拠点の構築を急ぎ、受領として就任した大和国に新しい本拠地を定めた。(大和守になったのは、寛弘3年(1006)、長元4年(1031)、永承2年(1047)の3度)
このことにより、事件が起きる。

大和国には、春日大社・興福寺・東大寺などが所領を持ち、強勢を誇っていた。頼親はそれらの勢力と争うことになる。
寛弘3年(1006)、興福寺と頼親の対立に際して、従者の右馬允・当麻為頼(たいまのためより)が僧房などに放火した。

興福寺東金堂と五重塔(国宝)

その為頼は、大和守だった藤原保昌の郎等・清原致信に殺害されている。
そして寛仁元年(1017)、後一条天皇の行幸が行われた日の夕刻、六角・富小路の家が武装集団に襲撃され、住人の清原致信が殺害された。
検非違使の捜査の結果、実行犯の一人に源頼親の従者・秦氏元(はたのうじもと)の子がいたことで、頼親がこの事件の実行犯であるとされた。
清原致忠を襲ったのは、当麻為頼殺害の報復であった。

この報告を受けた道長は、『御堂関白記』に頼親を「殺人の上手」と書き記した。
兵の家の武士たちの力を利用しながらも、血と死の穢れを嫌う貴族たちは一種冷たい視線で彼らを見ていた。
被害者・加害者の主、藤原保昌と源頼親は、おじと甥。そして、この襲撃事件で殺害された清原致信は清少納言の兄で、父・満仲と親交のあった歌人の清原元輔の息子だった。
自力救済的な時代とはいえ、皮肉なことである。

その後、頼親は三度めの大和守就任となる。
勤めて3年め、任期を残すところ1年の永承4年(1049)に、息子・頼房が興福寺の僧徒を殺害したことから、興福寺に訴えられ、翌年、頼親は土佐国に、頼房は隠岐に流罪となった。
一説によれば、7年後に赦免され、本位に復し、摂津豊島郡で没したともいう。

〈『今昔物語集』関連説話〉
清原元輔:巻28「歌読元輔賀茂祭に一条大路を渡る語第六」
源満仲:巻19「摂津守源満仲出家する語第四」
源頼光:巻25「春宮の大進源頼光の朝臣狐を射る語第六」
藤原保昌:巻25「藤原保昌の朝臣盗人の袴垂に値ふ語第七」

巻二十八第六話 清原元輔、賀茂の祭りで落馬する
巻28第6話 歌読元輔賀茂祭渡一条大路語 第六今は昔、清原元輔(きよはらのもとすけ)という歌人がいました。それが内蔵助(くらのすけ・宮中の御用物の調達にあたった内蔵寮の次官)になって賀茂祭の奉幣使を務めたのですが、一条大路を通っていると...
巻十九第四話 源満仲の出家(その1)
巻19第4話 摂津守源満仲出家語 第四今は昔、円融天皇(えんゆうてんのう・第64代天皇、村上天皇の皇子)の御代に、左馬頭(さまのかみ・官馬に関する一切のことを司る馬寮の長官)源満仲(みなもとのみつなか)という人がいました。筑前守(ちくぜ...
巻二十五第六話 源頼光、堂上の狐を射る
巻25第6話 春宮大進源頼光朝臣射狐語 第六今は昔、三条天皇が皇太子であられた頃のことです。東三条殿(母方の祖父・藤原兼家の邸宅)においでになったとき、その寝殿の南面を春宮(とうぐう・皇太子)が歩いて行かれたところ、西の透渡殿(すきわた...
巻二十五第七話 藤原保昌が盗人の袴垂に衣を与えた話
巻25第7話 藤原保昌朝臣値盗人袴垂語今は昔、世に袴垂(はかまだれ)というたいそうな盗賊の大親分がいました。肝っ玉が太く、力強く、足早く、腕っぷしすぐれ、頭も切れて、肩を並べる者のない男でありました。隙をうかがっては、多くの人びとの物を...

【参考文献】
小学館 日本古典文学全集23『今昔物語集三』
『源満仲・頼光―殺生放逸 朝家の守護―』元木泰雄著、ミネルヴァ書房

巻二十五
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほんやくネットをフォローする
スポンサーリンク
今昔物語集 現代語訳

コメント

タイトルとURLをコピーしました