巻二十六第十五話 金の採掘者が姿を消した話

巻二十六

巻26第15話 能登国掘鉄者行佐渡国掘金語 第十五

今は昔、能登国(石川県)は、鉄(くろがね)の(すがね、鉱石)を採掘し、国司におさめていました。

六人組の採掘者があって、長(おさ)が仲間に話しました。
「佐渡の国(新潟県佐渡市)には金の花が咲いているところがあるんだ」
これが守(国司)の耳に入りました。守は長を呼び、ほうびを与えて問いました。長は言いました。
「佐渡の国には金がとれる場所があるのでしょうか。そう見えるところがあったので、仲間うちで話していたのを、お聞きおよびになったのでしょう」
「ならば、そのありそうなところに行って、取ってきてくれないか」
「仰せとあらば行ってきましょう」
「何か必要なものはあるか」
「人夫は必要ございません。小船を一艘と、食糧をすこしいただければ、佐渡に渡って、掘れるかどうか試してみましょう」
守は言うとおりに誰にも言わず、船一艘と食糧をとらせました。長はこれを得て、佐渡の国に渡っていきました。

それから二十日か一か月ほどたって、守が忘れたころ、とつぜん長がやってきました。守は当初、人の多いところにおりましたが、事情を察知して、人づてには聞かず、誰もいないところでみずから会いました。長は黒っぽい布に包んだものを守の袖の上に置きました。守はそれを重そうに抱えて奥に入りました。

その後、長はいなくなって、行方がわからなくなりました。守は人を出して東西に探させましたが、ついに見つかりませんでした。なぜいなくなったのか、理由はわかりませんでした。「金のありかを問われると思ったのだろう」と疑いました。金は千両(約18㎏)あったと伝えられています。

「佐渡の国で金は採掘できる」と能登の国(石川県)の人は語ります。長はおそらく、その後も掘ったことでしょう。しかし、行方はついにわからなかったと語り伝えられています。

【原文】

巻26第15話 能登国掘鉄者行佐渡国掘金語 第十五
今昔物語集 巻26第15話 能登国掘鉄者行佐渡国掘金語 第十五 今昔、能登国には、鉄(くろがね)の䥫(すがね)と云なる物を取て、国の司に弁ずる事をなむする。 其□□と云ける守の任に、其の䥫取る者六人有けるが、長(をさ)也ける者の、己等がどち物語しける次に、「佐渡の国こそ、金の花栄(さき)たる所は有しか」と云けるを...

【翻訳】 草野真一

【解説】 草野真一

『宇治拾遺物語』にほぼ同じ話がある。

第54話(巻4・第2話)佐渡国に金有る事
宇治拾遺物語 第54話(巻4・第2話)佐渡国に金有る事 佐渡国ニ有金事 佐渡国に金有る事 校訂本文 能登国には、鉄(くろがね)といふものの、素鉄(すがね)といふほどなるを取りて、守に取らする者、六十人ぞあんなる。実房

現在、佐渡島は新潟県に属しており、新潟市からフェリーが出航している。それが現在のルートであるわけだが、昔は日本海側ならどこでもよかったので、この話は能登から船を出している。

佐渡島

佐渡で金が採掘できることは、かなり昔から知られていたらしく、この話はもっとも古い例である。佐渡金山は1989年まで採掘が続けられていたが、現在は休山となっている。

佐渡金山

巻二十六第十二話 能登の浜辺に宝が流れ着いた話
巻26第12話 能登国鳳至孫得帯語 第十二 今は昔、能登国鳳至郡(石川県鳳珠郡)に、鳳至(ふげし)の孫だといって、そこに住む者がありました。貧しく、不便しているとき、怪(変異の予兆)があったので、陰陽師にその吉凶を占ってもらいました。 ...
巻十七第十三話 地蔵に命を助けられた水銀採掘者の話
巻17第13話 伊勢国人依地蔵助存命語 第十三 今は昔、伊勢国飯高の郡(三重県松阪市)に住んでいる男がありました。毎月二十四日(地蔵の縁日)には精進して戒を受け、地蔵菩薩を念じており、これを年来の勤めとしていました。 飯高の郡には、水銀...

 

巻二十六
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほんやくネットをフォローする
スポンサーリンク
今昔物語集 現代語訳

コメント

タイトルとURLをコピーしました