巻二十九

巻二十九

巻二十九第二十五話 平貞盛、胎児の肝を採る

巻29第25話 丹波守平貞盛取児干語 第廿五 丹波守(たんばのかみ・現在の京都府中部と兵庫県北東部の国司)に在任中、任国で悪性の瘡(かさ・皮膚疾患)をわずらい、□□という名医を京から迎えて診察させたところ、医師(くすし)は、「命に係わるよ...
巻二十九

巻二十九第五話 平貞盛、盗賊を追い払う

巻29第5話 平貞盛朝臣於法師家射取盗人語 第五 今は昔、下京(左京の五条・六条)のあたりに、いくらか財産のある法師がいました。 家は豊かで、何不自由なく暮らしていましたが、その家に不思議なお告げがありました。そこで、賀茂忠行(かものただ...
巻二十九

巻二十九第二十六話 日向守、書生を殺す

巻29第26話 日向守□□殺書生語 第廿六 今は昔、日向守(ひゅうがのかみ・現在の宮崎県の国司)□□の□□という者がいました。 任国にいるうち、国司の任期が終わったので、新任の国司の着任を待つ間、引き継ぎの書類などをつじつまの合うように書...
巻二十九

巻二十九第二十三話 妻を目の前で犯された男の話(芥川龍之介『藪の中』元話)

巻29第23話 具妻行丹波国男於大江山被縛語 第廿三 今は昔、京に住む人が、妻の実家である丹波の国に向かって歩いていました。妻を馬に乗せ、夫は矢を十本ほど差した竹蚕簿(えびら)を負い、弓を持っていました。大江山(丹波の有名な山。酒呑童子伝説...
巻二十九

巻二十九第十八話 羅城門の老婆の話(芥川龍之介『羅生門』元話)

巻29第18話 羅城門登上層見死人盗人語 第十八 今は昔、摂津の国(大阪府)から、盗みをするために京に入ってきた男がありました。 羅城門に至りましたが、日が暮れる前だったので、まだ朱雀大路(京のメインストリート)の方に向かっていく人が多...
巻二十九

巻二十九第十話 伯耆の国府の蔵に入った盗人が殺される話

巻29第10話 伯耆国府蔵入盗人被殺語 第十 今は昔、伯耆守(ほうきのかみ・現在の鳥取県中西部の国司)橘経国(たちばなのつねくに)という人がいました。この人が伯耆守であった当時、世の中がひどい凶作で、まったく食べる物のない年がありました。...