巻十七第十九話 子供のころ遊びでつくった地蔵が助けてくれた話

巻十七
SONY DSC

巻17第19話 三井寺浄照依地蔵助得活語 第十九

今は昔、三井寺(園城寺、滋賀県大津市)に一人の僧がありました。名を浄照といいます。

三井寺(園城寺)金堂(国宝)

十一、二歳ぐらい、まだ出家していない子供のころ、同じぐらいの年齢の子と、戯れに僧形の像を刻んで、これを地蔵菩薩と呼び、古寺の仏檀の辺に置いて、他の子といっしょに花をそえ、供養する遊びをしました。遊びですからその後は像のことは忘れていました。

そののちに出家して、浄照と名乗りました。師に随って法を学び行を修して、顕密(顕教と密教)の教えを学び、とても高貴な身となりました。

三十歳になるころ、身に病を受け、数日をすごしました。ふだんとは異なる心地がして、病は重くなり、ついに死にました。にわかに屈強な者が二人あらわれ、浄照を搦め捕えて追い立て、黒い山の麓に至りました。山には大きな暗い穴があって、浄照はその穴に入れられました。

浄照はおそろしくて心迷い、肝をつぶしました。わずかながら心に思うことがありました。
「私は死んだのだ。しかし、生きているころには法華経を読誦し、観音・地蔵に熱心につかえていた。私を助けてください」
穴の中は風がとても強く、目に風があたり、開いていることもできません。両手で目をおおいました。

やがて閻魔の庁に至りました。四方を見まわすと、多くの罪人が苦しんでいました。泣き叫ぶ声が雷の音のように響いていました。

そのとき、一人の美しい小僧があらわれました。小僧が言いました。
「私をおぼえていないか。私はおまえが子供のころ、戯れにつくった地蔵である。信じる心もなく、ただ遊びでつくったものだが、私はこれを縁として、ずっとおまえを守っていた。私の大悲の誓願によって、人々の善悪を定めるところにいる。ほとんどの者は、浄仏国土の菩薩の功徳荘厳を忘れてしまっているようだ。私はおまえを守ってきたが、ゆえあってすこし離れている間に、おまえはここに召された」
浄照はこれを聞くと、ひざまずいて涙を流し礼拝しました。小僧は浄照を庁の前につれていって、彼のおこないを訴えました。次の瞬間、浄照は生きかえっていました。

その後、浄照は堅固な菩提心をおこし、本寺を去って、多くの山をまわって流浪し、永く仏道を修行して、退くことはありませんでした。
これは地蔵菩薩の利生の方便ではないでしょうか。戯れに木を刻み、地蔵と名づけただけで、その後は供養することもなかったのに、地蔵の利生は続いていたのです。まして、心をつくしてつくったり描いたりした像を供養する功徳を知るべきでしょう。

浄照が語ったことを聞き、語り伝えられています。

【原文】

巻17第19話 三井寺浄照依地蔵助得活語 第十九
今昔物語集 巻17第19話 三井寺浄照依地蔵助得活語 第十九 今昔、三井寺に一人の僧有けり。名をば浄照と云ふ。 年十一二歳許也ける時に、未だ出家せずして、同じ程なる童子と遊びけるに、戯れに、自ら一の僧の形を刻て、此れ地蔵菩薩と名付て、古寺の仏檀の辺に置て、諸の童部と共に遊び戯る次に、時の花を折て、其の僧形を敬て、...

【翻訳】 草野真一

明月院(神奈川県鎌倉市)

巻四第四十一話 子を失った父親があの世に行った話
巻4第41話 恋子至閻魔王宮人語 第四十一 今は昔、天竺に比丘(僧)がありました。「羅漢(聖人)になろう」と思い修行していましたが、六十歳になっても羅漢になることができませんでした。とても歎き悲しみましたが、ついに力がおよびませんでした。...
巻七第二話 死者の右手が光を放ち、蘇生した話
巻7第2話 唐高宗代書生書写大般若経語 第二 (巻七第二話 閻魔大王の裁きを待つ書記生の右手が写経の功徳で大光明を放ち、蘇生を許された話) 今は昔、震旦の唐の高宗の治世、乾封元年に、ひとりの書生がおりました。重病にかかってたちまち絶命し...
巻十七第十話 夢のお告げで伝染病を忌避した話
巻17第10話 僧仁康祈念地蔵遁疫癘難語 第十 今は昔、京に祇陀林寺という寺がありました。その寺に仁康という僧が住んでいました。横川の慈恵大僧正(良源)の弟子です。因果を信じて、三宝を敬い、戒行をたもち、仏のように人々をあわれみました。 ...
巻十七第十七話 東大寺の僧が生き返った話
巻17第17話 東大寺蔵満依地蔵助得活語 第十七今は昔、東大寺に一人の僧がありました。名を蔵満といいます。義蔵律師の弟子です。蔵満が所用あって東大寺から京に上る途上、登昭という人相見として名高い人に出会いました。蔵満はとても喜んで言い...
巻十七第十八話 地獄からよみがえった人の話
巻17第18話 備中国僧阿清衣地蔵助得活語 第十八今は昔、備中の国窪屋の郡大市の郷(岡山県倉敷市)に古老の僧がありました。名を阿清といいます。俗姓は百済の氏です。阿清は紀寺(きのてら、奈良県にあった寺)の基勝律師の弟子でしたが、現在はそ...
巻十七
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほんやくネットをフォローする
スポンサーリンク
今昔物語集 現代語訳

コメント